商品コード:9784472060106

火をぬすんだウサギ

アルゼンチンに伝わる民話
2,750円(税込)
2,500円(税抜)
著者名
宇野和美/再話 パブロ・ピシック/絵
出版社名
玉川大学出版部
ページ数
32
シリーズ名
世界のむかしのおはなし
発売日
2022/02/18

むかしむかし、どうぶつたちは平和に暮らしていましたが、あるときから「火」がどこにもなくなってしまいました。
こまったどうぶつたちは、唯一、火を持っていたジャガーに火をもらいにいきますが、らんぼうもののジャガーはひとりじめをして、火をわけてもらいにくるどうぶつたちを、次つぎと追い払います。
そこでウサギは、知恵をしぼりジャガーの元に向かいます……。

南アメリカ大陸のアルゼンチン北部、乾燥サバンナで狩猟や採取で暮らしてきた少数民族ウィチーに伝わる昔話。
北米のネイティブアメリカンに伝わる、神話を元にした、『天の火をぬすんだウサギ』(評論社/刊)と読み比べてみてもおもしろいですね。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない