商品コード:9784494016365

みどりバアバ

はなやは わたしにとって いきることなんだよ
1,540円(税込)
1,400円(税抜)
著者名
ねじめ正一/作 下田昌克/絵
出版社名
童心社
外寸
20.7×22.2cm
ページ数
39
発売日
2020/10/20

こうくんのおばあちゃん、みどりバアバは、花屋さん。
みどりバアバの両手の指先は、紫色の花の汁で染まっています。
「まいにち おはなを てで さわって、
おはなの えいようを いっぱい もらっている」と、
手のひらを見せてくれるみどりバアバ。

ある日、バアバの右手に力が入らなくなってしまいました。
大好きな店番もできなくなり、ある夜倒れて病院に運ばれ、帰らぬ人に……。
お葬式が終わった日の夜、こうくんはおとうさんと一緒に、バアバの花屋へ行ってみました。
シャッターの郵便受けから店の中を覗きながら、こうくんが「しんだら どこに いくの?」と尋ねると、おとうさんは言います。
「みどりバアバは おみせが すきだったから おみせの どこかに いるよ」
こうくんと、おとうさん、それぞれの悲しみ、みどりバアバへの思いがにじみ出ます。

作者、ねじめ正一さんが母・みどりさんの介護を通じて詠んだ俳句を絵本にした『みどりとなずな』(クレヨンハウス/刊)も、ぜひお手に取ってみてください。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない