商品コード:9784494018185

わたしたちのアジア・太平洋戦争3 新しい道を選ぶ

被占領期のこと。敗戦後の反戦平和への努力と思想。戦争責任と向き合って生きる人々の体験など。
3,630円(税込)
3,300円(税抜)
著者名
古田足日、米田佐代子、西山利佳/編
出版社名
童心社
外寸
235×180mm
ページ数
304
シリーズ名
わたしたちのアジア・太平洋戦争
発売日
2004/03/01
<出版社の内容紹介>
敗戦後1951年までの被占領時代の体験や、新憲法があたえてくれたうれしい衝撃と、その重要性。敗戦から現在にいたるまでの間に、さまざまな人びとによって築かれてきた、反戦平和の努力と思想。若い世代の、平和への強いねがいと行動などが書かれている。第一章では、自分の息子の少年兵志願を許可してしまい、亡くしてしまった体験をとおして、「ほんとうのことを知らないことの罪」に思いいたった女性の体験と、被爆のさいに見た地獄を原点に、教師として被爆者運動の旗手の一人として、死者とともに、原爆とたたかいつづける体験が語られている。また、第二章には主に被占領期の体験。第三章には、平和な世界を築くために力をつくしている方がたの体験を、若い人びとの活動もふくめて紹介している。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない