商品コード:9784569780078

とっておきの詩

鍵のかかる引き出しに、しまっておきたくなる詩って?
1,210円(税込)
1,100円(税抜)
著者名
村上しいこ/作 市居みか/絵
出版社名
PHP研究所
外寸
216×156×15 mm
ページ数
79
発売日
2009/11/02

詩を書くという宿題が出た、小学2年生のつよし。
「かあちゃんの ケツは でかい」って書いたら、
「もっと まともなん、かけんのか」と、かあちゃんに怒られた。
日常の光景を、格好つけずに書く、つよしの詩。
正直でおもしろいんだけど、家族の評価はイマイチ。
そんなある日のこと、黒い雲がわれて日が差した瞬間、「空の青いところ」が、「なんか、ええかんじ」に見えた。それを、詩に書いてみた。
先生にいつも詩を褒められているみさきも、同じ日の、同じ時刻の空のことを書いていて……。関西弁のリズミカルな文章が、難しく考えずに、詩を作ってみようよ、と誘ってくれる。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない