商品コード:9784569788081

まよなかのおならたいかい

「さいきんどうぶつたちはねてばかりいるな」しんぱいになったしいくがかりのげんさんは、よなかじゅうどうぶつたちをみはってみることにしました。
1,320円(税込)
1,200円(税抜)
著者名
中村翔子/作 荒井良二/絵
出版社名
PHP研究所
ページ数
80
発売日
2018/09/22
<出版社の内容紹介>
しいくがかりのげんさんは、昼間にねてばかりいる動物たちを心配していました。起きてくれないからと、子どもたちがゴリラに石を投げたりしています。ところが、夕方のえさの時間になると動物たちは目を覚まし、エサをたくさん食べてまたすぐに眠ります。

ふしぎに思ったげんさんは、夜中に動物たちを見張ってみることにしました。うとうとしていたげんさんが目を覚ますと、なんと広場では動物たちが集まって「おならたいかい」を開いていたのです。

次の日の夜もおならたいかいは続き、おならをしないヘビが審査をしています。きりん、ぺんぎん、インコなどがつぎつぎとおならをしていきます。そして、動物の王様、らいおんが登場するとみんなわくわくしました。ところが、おならは「ス――」というだけで、音がなりません。「くさいにおい」では、らいおんが一番でした。それからもサイやカバがおならをしていき、最後に優勝したのは……?

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない