商品コード:9784579402472

ふたりはともだち

なかよりのふたり、がまくんとかえるくんのゆかいなおはなし
1,045円(税込)
950円(税抜)
著者名
アーノルド・ローベル/作 三木卓/訳
出版社名
文化出版局
外寸
217×155×12 mm
ページ数
64
発売日
1987/03/31
子どもの本売り場スタッフより

ほのぼのと、けれどほろ苦いおはなし

がまくんが淋しい顔をしている。「ぼく おてがみ もらったこと ないんだもの」そこで、親友のかえるくんがしたこととは!

K.O


1972年初版刊行|1970年原書刊行


「友だちになりたい!」絵本です
ふたりでいると、なぜかたのしい。相手が悲しいと、自分も悲しい。ときどきけんかもするけれど一緒にいたい、がまくんとかえるくん。こんな友だちがいたら、幸せだろうな。

ふたりの会話が絶妙にとぼけています
大事件が起きるわけではありません。水着姿を見られたくないとか、お手紙がこないのが悲しいとか、日々のささやかなできごとや気持ちが描かれています。漂うおとぼけ感に、くすくすっ。

土や風、季節が香るお話が5つ
「ぼくたちの あたらしい一ねんが また はじまったってことなんだ」5つのユーモラスであたたかなお話に、土と風、季節の香りを感じるような絵が添えられています。
マイペースでだだっ子のようながまくん。しっかり者でやさしいかえるくん。性格はちがうけれど、最高の友だちです。ふたりにまた会いたかったら、『ふたりはいっしょ』『ふたりはいつも』『ふたりはきょうも』シリーズをどうぞ。絵本から童話へ、そんな時期の子どもたちや、友だちにも贈りたい絵本です。
「はるがきた」「おはなし」「なくしたボタン」「すいえい」「おてがみ」の5話を収録。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない