商品コード:9784591004012

赤神と黒神

十和田湖の女神をめぐる民話
1,100円(税込)
1,000円(税抜)
著者名
松谷みよ子/文 丸木位里/絵
出版社名
ポプラ社
外寸
26.5cm×21cm
ページ数
34
シリーズ名
むかしむかし絵本
発売日
1969/10/01

きこたん ぱたとん きこたん ぱたとん 今日も機を織っているのは、十和田湖にすむ美しい女神です。 機の音と、ときおりの女神の歌声は遠く流れて……。 男鹿半島に暮らす赤神が女神が見たのは、春近い頃。 一方、黒神もまた、女神に魅せられて……。 女神もまた赤神のやさしさと、黒神の力強さを前に 心揺れて……。 こうして、赤神、黒神の激しい争いが。 どっちにしたらいいか迷うなら、どっちにもしないほうがいいよね、と これは女神さんのようにもてない女のひとりごとかも、ね。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない