商品コード:9784622045458

独り居の日記

3,080円(税込)
2,800円(税抜)
著者名
メイ・サ-トン/著  武田尚子/著
出版社名
みすず書房
ページ数
280
発売日
1991/11/08
シングルの女性として、成熟するほどにみずみずしい作品を発表したアメリカの詩人・小説家、メイ・サートン。83歳で亡くなるまで、その創作意欲は衰えを見せなかった。
さかのぼって1960年代の後半、はじめて自分の小説のなかで同性愛を表白したサートンは、大学の職を追われ、予定されていた本の出版も中止され、折しも愛の関係の降下と父親の死の直後で、失意の底にあった。やがて彼女は、世間の思惑を忘れ、ひたすら自分の内部を見つめることで新しい出発をしようと決意して、まったく未知の片田合で生活をはじめる。本書は、その頃の一年間の日記である。
ニューイングランドの美しい自然と動物たち、友人との交流、詩作、書物、生と死などをめぐる万感が、無垢な感性と作家の思索を通して文字になり、さらに、創造の時空としての孤独を見つめる穏やかな文章の水面下には、恐れ、悲しみ、喪失と、、女に禁忌とされてきた怒りの爆発を直視する“戦士”がいる。そして、彼女は言う「私から年齢を奪わないでください。働いて、ようやく手に入れたのですから」。
50冊以上の作品を世に送り、その精神のたたずまいに感応する読者を各世代に獲得しているサートンの、これはまさに代表作である。
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない