商品コード:9784751529416

キャパとゲルダ ふたりの戦場カメラマン

揺るがない信念で、「世界の眼」となった
1,980円(税込)
1,800円(税抜)
著者名
マーク・アロンソン&マリナ・ブドーズ/著 原田勝/訳
出版社名
あすなろ書房
外寸
サイズ 194×153× mm
ページ数
304
発売日
2019/09/25

戦争報道写真家の草分けであるロバート・キャパと、彼が写真家として世に出るのをサポートし、自らも戦場カメラマンとして活躍した女性写真家、ゲルダ・タローの交流を描いたノンフィクション。
ハンガリー出身の青年アンドレ(のちのキャパ)は、ナチスによるユダヤ人迫害を逃れて、やってきたパリでゲルダと出会う。彼女もまたユダヤ人であり、祖国ドイツから亡命してきたのだった。
ゲルダは、アンドレの写真の才能を見てとり、身だしなみから、雑誌社に売り込むコツまで教えた。
アンドレもゲルダに写真の撮り方を教え、それぞれの強みや知識の共有をし、ふたりは互いを対等の人間として尊敬しあうパートナーとなっていく。
「戦争」、「内戦」、「革命」という社会の大状況のなかで、一人ひとりの人間にまなざしを向けてシャッターを切った若きふたりのカメラマンの短くも濃密な生涯。
綿密にまとめあげられた記録や証言、写真の数々に、著者の熱意と誠実な仕事が伝わる。
著者のふたりもまた、公私ともにパートナーであり、あとがきの「この本を書くに至った経緯」も興味深い。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない