商品コード:9784766002133

戦争が立っていた (戦中・戦後の暮しの記録 拾遺集 戦中編)

雑誌『暮しの手帖』で原稿募集しまとめた、「戦中・戦後の暮しの記録」シリーズ第2集
1,870円(税込)
1,700円(税抜)
著者名
暮しの手帖社 編
出版社名
暮しの手帖社
<出版社の内容紹介>
雑誌『暮しの手帖』で原稿募集を行い、まとめた「戦中・戦後の暮しの記録」シリーズ第2集。肢体不自由児の学校では将来兵力にならない子どもだからと学童疎開先が決まらずにいた。学徒動員先で作っていたのは特攻機のお守り箱だった。サイパン島で生まれたが街は1日で消えてしまった――。歴史の本にはない「あの日々」を生き永らえた、市井の人々の貴重で胸に迫る記録です。(暮しの手帖社 村上薫)

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない