商品コード:9784768435113

障害と文学

2,420円(税込)
2,200円(税抜)
著者名
荒井裕樹
花田春兆(85歳・俳人、障害文芸誌『しののめ』主宰)・横田弘(77歳・詩人、健全者文明に鮮烈な批判を展開した日本脳性麻痺者協会「青い芝の会」の綱領を起草)の2人を中心に、障害者の生と障害者運動の内面を文芸表現から探求する障害学の試み。家族、とりわけ母との相克、生と性をめぐる苦悩、安楽死・優生思想に対する先鋭かつ深淵な問い、性と生殖をめぐる女性運動との対立等を、障害者はどのように表現してきたのか。
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります.メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない