商品コード:9784787973030

野上彌生子

2,200円(税込)
2,000円(税抜)
著者名
藪禎子
日本の近代文学史を鮮やかに彩ってきた女性作家たちの、その作品と生に、同じ女性の立場から、するどく迫るシリーズ書籍の一冊です。夫の師である夏目漱石にその才能を見いだされ、以後約80年にわたり現役作家として着実な歩みを続けた孤高の女性作家・野上彌生子。彼女は明治・大正・昭和の3つの時代をどのように生きたのか。夢や仕事、そして家庭間との問題を抱えながら生きる現代の女性たちに、ぜひ読んでいただきたい一冊です。 (新典社 小松由紀子)

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない