商品コード:9784790261315

紙芝居 月夜とめがね

月のいい晩、おばあさんが窓の下に座って針仕事をしていると、めがね売りの男がやってきました。
4,180円(税込)
3,800円(税抜)
著者名
小川未明/原作 諸橋精光/脚本・画
出版社名
鈴木出版
外寸
縦26.5×横38.2cm
ページ数
19
シリーズ名
名作文学紙芝居
発売日
2019/04/01
出版社からのおすすめコメント
★月がとってもきれいな静かな晩におこった不思議なできごと。「日本のアンデルセン」と呼ばれた小川未明の美しい幻想的なお話。
<出版社の内容紹介>
月がとってもきれいな静かな晩は、不思議なことが起こるようです。
紙芝居だけでも十分に不思議さが感じられますが、付録の楽譜を利用して、音楽を流しながら演出することもできます。紙芝居と音楽で、もっと不思議な空間を作り出してみてください。
「日本のアンデルセン」と呼ばれた小川未明の美しい幻想的なお話です。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない