商品コード:9784797673067

夜中の電話 父・井上ひさし最後の言葉

2009年、がんで療養中の父から、夜中の電話がかかるようになった!
1,320円(税込)
1,200円(税抜)
著者名
井上麻矢/著
出版社名
集英社インターナショナル
外寸
188×133×17 mm
ページ数
176
発売日
2015/11/26
本書は上梓に3年の月日を要したが、タイトルは最初から決まっていた。2010年にこの世を去った作家・井上ひさしさんが、娘の麻矢さんに伝えたかった、生きる術や仕事の話は、亡くなる半年前から頻繁にかかるようになった「夜中の電話」で語られたからだ。本書はひさしさんが病を押しても残したかった大切な言葉77を麻矢さんが解説を付けまとめたものである。と同時に様々な想いを抱えた父娘の心が溶け合うまでの人生の軌跡でもある。(集英社インターナショナル 清水智津子)
品切れ中

欠品中(お取り寄せ可能な場合があります。メールにてお問い合わせください)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない