商品コード:9784834000184

三月ひなのつき

ひな人形をめぐって、こころの絆を深めた母娘の物語
1,540円(税込)
1,400円(税抜)
著者名
石井桃子/作 朝倉摂/絵
出版社名
福音館書店
外寸
206×186×8 mm
ページ数
96
シリーズ名
福音館創作童話
発売日
1963/12/01

10歳のよし子はまだひな人形を持っていません。
それにはこんな理由があるのです。
おかあさんがちいさいときに持っていたひな人形は、おかあさんのおばあさんが贈ってくれた「寧楽(なら)びな」で、木彫りの人形に彩色や金箔が施された、とてもすてきなものでした。
空襲で焼けてしまったそのおひなさまが、おかあさんのこころにあまりに美しく刻み込まれているので、おかあさんは、よし子のために規格品を買う気になれないのです。
学校の帰り、店のショーウィンドウにすてきなひな人形が飾られているのを見て、よし子は思い切っておかあさんに、がまんしていた胸の内をぶつけました。
母の想いを知ったよし子、よし子の切実な願いに気づいた母。
そして三月三日が来て……。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)




■2016年1月26日から福音館書店の一部商品に価格改定がありました。
お求めいただく価格は新価格ですが、お届けする書籍の裏表紙に表記されている価格が旧価格の場合がございます。申し訳ございませんがどうぞご了承くださいませ。

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない