商品コード:9784835455693

ハルの日

動物たちの不幸をなくすために……。「いのちの教室」から生まれた絵本です。
2,035円(税込)
1,850円(税抜)
著者名
渡辺眞子/文 どいかや/絵
出版社名
復刊ドットコム
ページ数
32
発売日
2018/04/24

おとなにもおすすめ!2021/1/31放送|NHKラジオ「落合恵子の絵本の時間」で紹介されました。
>これまで「落合恵子の絵本の時間」で紹介した絵本リストはこちら

<出版社の内容紹介>
2017年の環境省の発表によると、全国の犬・猫の殺処分数は2016年度で5万5998匹。
2015年度の8万2902匹からは減少したものの、まだまだ多くの命が失われている現状があります。
そうした殺処分数を少しでも減らすために、多くの保護団体が直接保護をしたり、保護動物の譲渡を行ったりという活動をしています。

この絵本の著者も、殺処分の現状を調査・検証し、啓発活動を行っています。
また、動物にも感情があり、ペットは飼った瞬間から家族と同じ存在になるということ、ペットを使い捨てにしてはいけないことなどを伝える「いのちの教室」を様々なところで行ってきました。

この絵本は、その「いのちの教室」の中で、理解の一助として流されていたアニメーションをもとに、新たに描き下ろしで作られた作品です。
この絵本には、愛した家族から見捨てられ、それでもなお、家族を慕い信じたペットたちの悲しみが描かれています。
未来を担う子どもたちが、動物の命を人の命と同じように感じ、ともに良きパートナーとして生きていけるよう、そして、その想いによって1匹でも動物たちを殺処分から救えるように、ぜひ、ご家族で読んでいただきたい絵本です。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない