商品コード:9784843346037

発達凸凹(でこぼこ)なボクの世界 感覚過敏を探検する

不登校や家庭不和や感覚過敏など、そのような子どもたちとの、関わりのヒントを見つけるための絵本です。
1,980円(税込)
1,800円(税抜)
著者名
プルスアルハ/著 細尾ちあき/お話と絵 北野陽子/解説
出版社名
ゆまに書房
ページ数
56
シリーズ名
子どもの気持ちを知る絵本③
発売日
2015/09/25
<出版社の内容紹介>
発達の進み方は、早いところや遅いところ、得意なところや苦手なところが人によって違います。主人公タクは、その得意苦手の差がとても大きいところがあります。「発達凸凹」とこの絵本では表現しています。タクは教室での話し声や、給食のにおいがとても気になってしまい、みんなと同じように過ごすことができません。また、そのことをうまく言葉にできないので、お母さんや先生に怒られてしまいました。感覚の過敏からくる苦手に気づいた学童の先生が、お母さんに声をかけます。苦手があることに気がついたお母さんは、「大きな音」「服のチクチク」といったタクの苦手をいっしょに探検してくれました。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない