商品コード:9784871104227

どっちからよんでも にわとりとわに

ことばのおもしろさを絵が膨らませて……
1,430円(税込)
1,300円(税抜)
著者名
本村亜美/文 高畠純/絵
出版社名
絵本館
発売日
2019/06/01
回文ってやりだすと、凝って凝って。 「あなだなあ(穴だなあ)」と穴をのぞき込むウサギとクマ。 崖っぷちでキュウリとトマトがナスに押されて、「なす おすな(ナス おすな!)」。 「よるいけば おばけいるよ(夜いけば おばけいるよ)」と、懐中電灯を手に歩く親子などなど、シンプルな回文にユーモラスな絵が絶妙にマッチ! 
回文はどっちから読んでも同じことば! 反対からも文字を指でなぞって読んでみてください。
ことばのおもしろさを絵が膨らませて……アハハと笑えて、ほのぼのとする、ことば遊び絵本。小学校の国語の授業でも回文づくりが行われています。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない