商品コード:9784885031878

まだ、まにあうのなら【増補新版】私の書いたいちばん長い手紙

チェルノブイリ事故から20年、いまこそ「まだ、まにあうのなら」
1,100円(税込)
1,000円(税抜)
著者名
甘蔗珠恵子/著
出版社名
地湧社
ページ数
168
発売日
2006/04/01
<出版社の内容紹介>
チェルノブイリ事故の一年後に書かれた一主婦の手紙。原発をめぐる様々な深刻な問題を訴え、人類は原子力と共存できないことを、母親として「いのち」の視点で切々と語る。87年に月刊「湧」増刊号として出されたブックレットは口コミで広がって50万部のロングセラーになっている。原発トラブルが頻発し、原発震災が心配される近年、そのメッセージはますます重要性を増している。本書はこれに加えて、著者の書き下ろし後19年経ったいまの思いを収録。また、『まだ、まにあうのなら』の触発されて浜岡原発に反対する活動を展開し、その裁判の冒頭で“勝ち負けでない私たちの願い”を感動的に語った馬場利子さんの陳述文と『まだ、まにあうのなら』に寄せる思いを綴った文章、さらに、『まだ、まにあうのなら』の英語版“Is It Too late?”を巻末に収録。
原発問題にとどまらず、いま私たちが直面しているあらゆる危機に対してどう対処していけばよいのかという問題に、大きなヒントを与えてくれます。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない