商品コード:9784894642645

保育者のための子ども虐待対応の基本

現場の方々がまとめた、研修テキスト、実践の手引きとして最適な1冊。
2,200円(税込)
2,000円(税抜)
著者名
保育と虐待対応事例研究会/編著
出版社名
ひとなる書房
ページ数
112
発売日
2019/03/15
<出版社の内容紹介>
胸騒ぎ、迷い、勇気、後悔…心を揺らしながら目の前の「命」と向き合ってきた保育者たちが今、現場に立つ保育者に伝えたいこと。

第ⅰ部 保育園としてまずおさえておきたいこと
 1 保育園では子ども虐待をどうとらえたらよいか
 2 子ども虐待対応における保育園の役割

第ⅱ部 保育園における子ども虐待対応の流れ
 1 気づきと初期対応
 2 園内体制づくり
 3 見守りと記録
 4 通告・相談の手順
 5 関係機関との連携
 6 ケース離れと引き継ぎ

第ⅲ部 事例に学ぶ 対応の実際とポイント
 事例1 入園時における気づきと初期対応
 事例2 精神疾患を抱えた保護者への対応
 事例3 長期にわたる見守りと卒園後の支援体制づくり
 事例4 機関同士の連携による保護者支援・生活支援
 事例5 虐待ととらえることで深まる子ども・保護者理解
 事例6 ハイリスク家庭の困難への気づきと通告のタイミング
 事例7 養育困難家庭の見守りとケース離れ

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取寄せの際に入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない