hoiku19
商品コード:9784895794084

どうしていますか?手づかみ食べ 自分で食べるはじめの一歩

1,430円(税込)
1,300円(税抜)
著者名
食べもの文化編集部
出版社名
芽ばえ社
ページ数
88
発売日
2019/04/03
<出版社の内容紹介>
子どもが自分で食べ始める「手づかみ食べ」は、食具(スプーン・フォーク・箸など)の使用の前提となる大切な時期です。子どもに対して大人は、どんな支援をしたらよいのでしょうか。
手づかみ食べをする時期は、食べることへの楽しみと意欲を育てる体験として、大切な成長の過程であり、手の運動・感覚・言葉の発達を学ぶ大切な時期です。
本書では、新生児期から自食ができるまで、一人ひとりの発達過程の個人差を認めつつ、子どもの成長のサポートに役立つ情報をお伝えします。


【おもな内容】
自分で上手に食べるようになるために 山崎祥子
心の育ちに応答的に寄り添う食事 島本一男
手づかみ食べの時期 こんなことに注意して 武田美代子
手指の発達を大切にし、意欲を育てる手づかみ食べ 鈴木知実/岡本なつみ
手づかみ食べ 保育園で大切にしていること 山西百弥
からだの発達を見て、保育士と調理師が相談しながら 大江美保
食事は楽しく! 食べることが大好きな子に! ひよこ保育園給食室
手の感覚を育てる遊びを体験 高橋まり子
手づかみ期の気になるQ&A 山崎祥子

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない