「にじ」がいま話題です【CMソング】-きっと明日はいい天気-

「にじ」という曲、ご存知ですか?

30年前に誕生し、いまでも保育の現場や小学校などでうたわれ続けている名曲です。

*CMソングで話題!「にじ」のCDはこちら↓
【12の月の歌シリーズ 6月 にじ】


「にじ」が発表されたのは、クレヨンハウスが1987~96年に発行していた、月刊誌[音楽広場](現[月刊クーヨン]の前身)。

「新しいこどもたちの歌」100曲のうち、特に多くの園児たち、保育者たちに愛されてきたのがこの「にじ」という曲です。


スタッフオススメ

「きっと明日は いい天気」

この歌詞は、気づかないうちに多くのひとびとの心を支え、口ずさむたびに、励ましとなってきたに違いありません。

卒園、卒業、新生活を迎えるかたへの贈りものにも選ばれています。

(子どもの本売り場スタッフY.I)
「にじ」は、作詞をシンガーソングライターの新沢としひこさんが、作曲をシンガーソングライター・絵本作家の中川ひろたかさんが、それぞれ手がけています。

にじの作曲者と作詞者

撮影:中村ナリコ

【写真左】
作詞:新沢としひこ(しんざわ・としひこ)
CD、絵本、児童文学など幅広く活躍。中川ひろたかさんとのコンビでは、「世界中のこどもたちが」はじめ子どものうたの世界を一新する作品を発表。2018年には「こどもの歌研究所」を設立。

【写真右】
作曲:中川ひろたか(なかがわ・ひろたか)
保育士を経て1987年に「トラや帽子店」結成。98年の解散まで、日本全国でコンサートを開催。絵本作家としても『さつまいのおいも』(童心社)はじめ作品多数。2019年には新バンド「ヒネるズ」を結成。

この「にじ」の曲のことを、おふたりはこう話しています。

新沢さん
[音楽広場]で1987年から、中川さんが作曲、ぼくが作詞の子どもの歌の連載をはじめて、4年目につくったのが「にじ」。でも、そのときの「にじ」は、曲調がいまと違っていて。しばらくして中川さんが「曲つけ直したんだけど」って持ってこられたのが、いまの「にじ」なんです。

中川さん
最初はデキシー調(ジャズの一種)のアップテンポな曲つくったの。「くしゃみ」っていう歌詞に引っ張られたんだね。

新沢さん
いまの曲は、「きょうは雨だけど、明日は晴れて元気になる!」っていう心情に合っていて、子どももよくわかってくれたみたい。つくった当時は、静かに長く支持されるっていうイメージだったんだよね。それが10年くらいして、ライブでの反応に手応えを感じるようになって。

中川さん
ぼくたちより先に、聞いてくれたみなさんがこの曲のよさを発見した感じがあるね。

新沢さん
メロディがすばらしいんです。楽譜を見ると、音階が上がっては下がりをくり返す放物線状になっている。まさに「にじ」なんだよ。中川さんが子どもの頃から聞き続けてきた良質なポップスが凝縮されてるんだね。

中川さん
作曲は基本的には歌詞に忠実につくるんだけど、音の色彩を入れるっていうのかな。子どもの歌をつくりはじめた最初から、子どもの歌はポップスであるべき、と思ってた。長く愛されるスタンダードな曲をと。

新沢さん
30年たったからこそ、この曲がいろんなひとの人生に育てられたことがわかったよね。いい仕事してきたなと思う。

[月刊クーヨン]2020年4月号 対談ページより再編集)

みなさんに愛され続けている「にじ」だからこそ、CMソングとしても人気です。

2020年1月には、「にじ」が
「花王 アタックZERO「お正月」篇」CMソング
として使われました。

人気の若手俳優さん5人シリーズの1本ということもあり、ご覧になった方も多いと思います。
曲に合わせたにじの映像が、とても印象的でしたよね。

また、2020年8月からは、「にじ」が、
「明治プロビオヨーグルト R-1」CMソング
として使われました。

さまざまなひとの毎日に「にじ」が流れる映像は、世代を超えて愛され、「にじ」がうたわれ続けているイメージに重なりました。

また、「にじ」のオリジナル曲は、下記のCDに収録されています。

12の月の歌シリーズ 6月 にじ
12の月の歌シリーズ 6月 にじ/2,200円(税込)

「新しいこどもたちの歌」シリーズ⑤ あしたがすき
「新しいこどもたちの歌」シリーズ⑤ あしたがすき/3,190円(税込)

絵本ソングブック5 「あしたがすき」
絵本ソングブック5 「あしたがすき」(楽譜集)/2,420円(税込)

スマートフォンで「にじ」が聞きたい場合は、こちらのサイトでダウンロードができます。
「にじ」のダウンロードサイト(外部サイトに飛びます)

また、YouTubeMusicでは、増田裕子さんがうたうオリジナル曲のフルサイズもお聞きいただけます。
「にじ」のフルサイズVer(外部サイトに飛びます)

ほか、作詞の新沢さんが弾き語る「にじ」の動画も、新沢としひこさん公式チャンネルで公開されています。

みなさんの日常に、「にじ」が寄り添えるなら、こんなにうれしいことはありません。