★レビューに注目
あるくくま
商品コード :9784861013669
自分で考えて歩き出したあの子に!
価格 1,404円(税込)
著者名 谷川俊太郎/文 祖敷大輔/絵
出版社名 クレヨンハウス
外寸 サイズ 220×220
ページ数 24
シリーズ名 谷川俊太郎さんの「あかちゃんから絵本」
発売日 2019年04月10日
在庫 ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)
送料区分 通常便A(小) 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
谷川俊太郎さんの「あかちゃんから絵本」シリーズの第14作目。
今回はイラストレーターの祖敷大輔さんとコラボレーションした新感覚絵本です。

「ぼくはくまだ。なまえはまだない。ぼくは『どこか』をめざして、あるくのがすきだ」。おひさま、ちょうちょ、恐竜……道で出会うものとのやりとりはどこか不思議。あかちゃんはシンプルに、大人は哲学的にもたのしめる絵本です。




●祖敷大輔/絵
イラストレーター。武蔵野美術大学を卒業後、朝日新聞社広告局に勤務。退職後、バイシクルメッセンジャーを経て、2008年より書籍の装画、雑誌・広告のイラストレーションなどで活躍。2017年本屋大賞「翻訳小説部門」を受賞した『ハリネズミの願い』や『きげんのいいリス』(ともに新潮社)、『星空の谷川俊太郎質問箱』(ほぼ日)の挿絵を手がけている。

●谷川俊太郎/文
詩人。21歳のとき、詩集『二十億光年の孤独』を刊行。以来、子どもの本、作詞、シナリオ、翻訳など幅広く活躍。
著書に『谷川俊太郎詩集』(思潮社)、『みみをすます』『ことばあそびうた』(ともに福音館書店)、訳書に『スイミー』(好学社)など多数。多彩な画家、アーティストとつくる「あかちゃんから絵本」シリーズは、本作が14冊目。
近刊にエッセイ「幸せについて」(ナナロク社)がある。

孫にもよいけど、わたしにも!?

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
祖敷さんの描くかわいらしい「ぴんく」色のくまにひとめぼれでした。
クレヨンハウス主催の「子どもの本の学校」で、谷川先生の朗読に感動して……。
あれ? 5歳の孫にもよいけど、大人のわたしにも?
考える絵本になりました。
まだまだ山あり谷ありの人生!?
「どこか」を目指して歩き出す勇気をもらいました。
壁を登る体力、あるかなー? ですが……。
(埼玉県 中野さえみ様)

自分で考え感じる大切さ

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
「あかちゃんから絵本」というとおり、あかちゃんから大人まで、みんなで読んでワクワクする絵本ですね。
絵のタッチがやわらかくてあたたかくてすてきです。
ページをめくるたびに色彩がどんどん変化して、世界が広がっていくのもたのしいです。
谷川俊太郎さんのことばは、とてもやさしいんだけれど哲学的で、何度もくり返し読んでしまいます。
たくさんの余白や余韻があり、想像力が夢のように広がっていきますね。
自分で考えて自分で感じることの大切さをあらためておしえてくれる新感覚絵本をありがとうございます。
(広島県 H.O様)
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。