人種差別を考える本

「誰もが自分を愛せる社会へ。
誰もが自由を空気のように思える社会へ」
人種差別について考えよう。


『ストレンジフルーツ、奇妙な果実』というジャズをご存じですか?
アフリカ系アメリカ人のビリー・ホリデイのヒット曲です。
……(米国)南部を旅すると、大きな樹の枝からぶらさがった奇妙な果実にであうだろう。
それはリンチされた同胞の亡骸……。
21世紀になっても、人種差別は続いています。大坂なおみ選手のメッセージも心に響きます。
それは、わたしたち自身への問いかけでもあるのです。
白人警官に圧死させられたジョージ・フロイドさんの最期の言葉は、
「I CAN‘T BREATH 息ができない」でした。
わたしたちは求めます。誰もが、人種やセクシュアリティ、あらゆる条件を超えて、
「わたし自身」として尊ばれ、存在できる深い呼吸のできる社会を。
WE WANT TO BREATH DEEPLY.

表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
2列(カートボタンなし)
25件あります
  • 1
  • 2
25件あります
  • 1
  • 2

最近チェックした商品履歴を残さない