商品コード:9784035285205

靴屋のタスケさん

戦時の空のもと。それでも、わたしとタスケの間に確かに存在した、こころがあたたまる交流。
1,320円(税込)
1,200円(税抜)
著者名
角野栄子/作 森環/絵
出版社名
偕成社
外寸
22cm×16cm
ページ数
72
発売日
2017/06/01
1942年の夏、表通りにくつ屋さんができました。放課後毎日そこへ通う1年生の「わたし」。
めがねをかけたタスケさんがひょろ長い背中を丸めて仕事をしています。
やがてふたりは仲良くなり、「わたし」もくつをつくってもらえることに。
ふたりのやりとりから、戦争によってさまざまなことが制限されていたことが伝わってきます。
戦争という状況のなかの、やさしく幸せな交流、「瞬間」を描いた作品。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない