商品コード:9784494012329

てっぽうをもったキジムナー

生命の尊厳と基地問題の本質を鋭く問います。
1,650円(税込)
1,500円(税抜)
著者名
田島征彦/作
出版社名
童心社
外寸
251×256mm
ページ数
36
発売日
1996/06/23
沖縄の大きな木には、ギジムナーという小さな妖怪がすんでいるという。 ギジムナーは夜になると木の中から出てきたそこらじゅうを飛び回ると言われている。病気で歩くことが困難なさち子は、太平洋戦争の末期、激しい地上戦が繰り返されるかの地で、祖母から聞いたギジムナーに救われる。小さなあの妖怪は沖縄のひとたちを救うためにいるんだよ、と祖母は言っていたが。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない