商品コード:9784540142581

アラヤシキの住人たち

いまの日本が置き忘れた〈人の暮らし〉が、ここにある
1,760円(税込)
1,600円(税抜)
著者名
本橋成一/写真・文
出版社名
農山漁村文化協会
外寸
215×218×11 mm
ページ数
36
発売日
2015/03/23

自由学園の教師をしていた宮嶋眞一郎さんとその家族や仲間たち。現代の社会に肉体的・精神的な生きづらさを抱える人や、そうでない人たちとともに働き、ともに学ぼうという精神で活動してきた〈共働学舎〉。その原点である長野県小谷村の山の中にある真木集落では、いまも「自労自活」の暮らしをつづけている。畑を耕し、家畜を飼い、カヤで屋根をふき、土壁を塗り、食べものをつくる。ちがうからこそ、ともに生きあえる。いまの日本が置き忘れた〈人の暮らし〉が、ここにある。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない