商品コード:9784834000672

かわ

山から海まで、川の一生をたどります
990円(税込)
900円(税抜)
著者名
加古里子/作・絵
出版社名
福音館書店
外寸
20×27㎝
ページ数
28
発売日
1966/09/01
山に降った雨や雪が小さな流れをつくり、その長れは滝となり、谷川となります。 下流にいくにつれて、川幅も広くなり、やがて広くて深い海へ流れていきます。
水とひと、自然との深いかかわりを、壮大に描いた、加古里子さんの代表作のひとつ。
高い山の雪どけ水や山に降った雨から生まれた小さな流れは、谷川となって山を下り、ダムに貯められて発電所で電気を起こしたり、岩を砕いて小さな石ころにしたりしながら、平野に出て、田んぼを潤し、水遊びや魚釣りの場となり、いつしか大きな川になって、最後に海へとそそぎます。川をめぐる自然と人間の営みを横長の画面いっぱいに細部まで描き込んだ絵本です。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)




■2016年1月26日から福音館書店の一部商品に価格改定がありました。
お求めいただく価格は新価格ですが、お届けする書籍の裏表紙に表記されている価格が旧価格の場合がございます。申し訳ございませんがどうぞご了承くださいませ。

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない