商品コード:9784834024951

さくら

990円(税込)
900円(税抜)
著者名
長谷川 摂子 文 / 矢間 芳子 絵・構成
出版社名
福音館書店
外寸
26×24cm
ページ数
28
発売日
2010/02/10
お花見といえば桜。桜は、日本人にとって一番馴染みのある木です。
一本の桜の一年を、長年の観察にもとづく精緻な絵と、リズム感のある文で描いた絵本。
花が散って葉桜になると、葉陰には小さなサクランボが実り始めます。
夏には木は虫で大賑わい。秋になると、葉は赤や黄色に色を変え、冬には葉をすっかり落とします。
よく見ると、枝の先には小さな蕾が……。桜の生命の営みと輝きを感じてください。 お花見といえば桜。桜は日本人にとって一番馴染みのある木かもしれません。でも、お花見のとき以外の桜の姿は、意外と知られてはいないのではないでしょうか。花が散って葉桜になると、葉陰には小さなサクランボが実り始めます。夏には木は虫で大賑わい。秋になると、葉は赤や黄色に色を変え、冬には葉をすっかり落とします。よく見ると、枝の先には小さな蕾が…。一本の桜の一年を、長年の観察にもとづく精緻な絵と、リズム感のある文で描いた作品です。桜の生命の営みと輝きを感じてください。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない