商品コード:9784864120715

ふるさとにかえりたい リミヨおばあちゃんとヒバクの島

「死の灰」の苦しみとは
1,650円(税込)
1,500円(税抜)
著者名
島田興生/写真 羽生田有紀/文
出版社名
子どもの未来社
外寸
264×187×10 mm
ページ数
32
発売日
2014/02/07
マーシャル諸島共和国のリミヨおばあちゃんが語る、故郷ロンゲラップ島で起こったこと。
1954年、おばあちゃんが13歳のとき、となりの島ビキニでアメリカの核実験による水爆ブラボーが爆発した。
粉々になったサンゴのかけらに放射性物質がついた「死の灰」は、島のひとたちのからだ中にくっつき、目や口にも入って苦しめた……その後もずっと。
リミヨおばあちゃんが安心して故郷に帰れる日は、いつくるのか。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない