20年2月の「新刊会議」で選んだ本:クレヨンハウス通信vol.472掲載

毎月出版されるたくさんの本から、毎月の「新刊会議」で選んだ本をご紹介します。
19件あります
  • みんなの園芸店
    見た目は絵本、でも内容は本格的!
    3,080円
    税抜 2,800円
    カートに入れる

    カートに入れました

    くだものいっぱい
    いちご、りんご、みかん、バナナ、ぶどうにメロンがいーっぱい!
    1,100円
    税抜 1,000円
    カートに入れる

    カートに入れました

  • となりのショセットさん
    「お隣さん」とのこころの交流を描く
    1,650円
    税抜 1,500円
    カートに入れる

    カートに入れました

    こちょこちょこちょ
    親子で一緒に笑っちゃおう
    1,320円
    税抜 1,200円
    カートに入れる

    カートに入れました

  • さくらの谷
    不思議な谷のお話です
    1,430円
    税抜 1,300円
    カートに入れる

    カートに入れました

    ちちゃこいやつ
    「ちちゃこいやつ」の正体とは ?
    1,705円
    税抜 1,550円
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 空とぶ船とゆかいななかま
    仲間と一緒に、王様の難題を突破せよ!
    1,540円
    税抜 1,400円
    カートに入れる

    カートに入れました

    ちいさなタグボートのバラード
    港に流れるタグボードの詩
    2,090円
    税抜 1,900円
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 春をさがして
    カヌーの旅について行ってみたら
    1,430円
    税抜 1,300円
    カートに入れる

    カートに入れました

    窓
    きっかけは、亡き母のノートでした
    1,540円
    税抜 1,400円
    カートに入れる

    カートに入れました

  • プレストとゼスト リンボランドをいく
    センダック流「地獄めぐり」
    1,650円
    税抜 1,500円
    カートに入れる

    カートに入れました

    みならいうさぎのイースターエッグ
    こんなかわいい卵がほしい!
    1,870円
    税抜 1,700円
    カートに入れる

    カートに入れました

  • あいにいくよ
    モグリン待っててね!
    1,540円
    税抜 1,400円
    カートに入れる

    カートに入れました

    おもいではきえないよ
    思い出の扉を開ければ、いつでも会える
    1,650円
    税抜 1,500円
    カートに入れる

    カートに入れました

  • アリババの猫がきいている
    どんな物にも歴史がある
    1,650円
    税抜 1,500円
    カートに入れる

    カートに入れました

    おひめさまになったワニ
    ワニのはちゃめちゃ宮廷生活?!
    1,760円
    税抜 1,600円
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 琉球という国があった
    独自の文化で栄えた
    1,430円
    税抜 1,300円
    カートに入れる

    カートに入れました

    ノブーナガ
    おとのさまの名前、言えるかな!?
    1,430円
    税抜 1,300円
    カートに入れる

    カートに入れました

  • たったひとりのあなたへ
    半世紀以上続いたアメリカの子ども向け番組で製作、司会を務めたフレッド・ロジャーの伝記絵本
    1,650円
    税抜 1,500円
    カートに入れる

    カートに入れました

19件あります

クレヨンハウスの新刊情報はなぜ遅いのか?

「新刊についての情報に関して……クレヨンハウスからの説明。」
書店の手元には、新刊に関して、それが本になる前に、各出版社より簡単な内容紹介が届きます。
わたしたちは、その本が刊行される前に届く出版社の情報をそのままご紹介する方法ではなく、日々、子どもの本の現場で子どもやお客様に接しているスタッフを中心に、本を一冊一冊しっかり読みこみ、その中から推薦したい新刊を選ぶ方式をとっています。

当然、刊行を待たねばならないので、新刊の情報をお届けできるのが少し遅くなる場合もあります。
じっくりと目を通し、自信を持ってお薦めできるかどうかの議論を重ね、お報らせすることがささやかでも本を大事にすることと考えています。
今後もわたしたちの新刊情報をお楽しみください。
既刊に関しても、同様です。

>過去の新刊会議で選んだ本を見る

最近チェックした商品履歴を残さない