商品コード:9784062135108

井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法

憲法の大切さを、子どもと一緒に考える
1,048円(税込)
953円(税抜)
著者名
井上ひさし/著 いわさきちひろ/絵
出版社名
講談社
外寸
207×153×12 mm
ページ数
76
発売日
2006/07/21
子どもの本売り場スタッフおすすめ!
作家活動のなかで、平和への提言も多く遺された、井上ひさしさん。
本書では、憲法の前文と9条を、子どもたちに分かりやすく読み解いて、わたしたちに語ってくれています。
前半の「憲法のこころ」では、いわさきちひろさんの美しい絵とともに、前文と9条をわかりやすく書きくだして紹介しています。後半では、憲法とは何か、なぜ必要なのかを、詳しく解説します。
平和憲法の精神を表している「前文」と「第九条」を、井上ひさしさんが、小学生に読める言葉に「翻訳」。
いわさきちひろさんの絵とともに“憲法のこころ”を伝える絵本。

日本国憲法のもとになっている考え方、重要な条文の内容、 そして、なぜ憲法をかんたんに変えてはいけないのか……など、 井上ひさしさんが実際に小学生に向かって話した内容を再録。
井上ひさしさんは、あとがきで、こう語っています。
日本国憲法は、第二次世界大戦のようなむごたらしく悲しい戦争はもうするまい、という
日本人の願いはもちろん、世界の人たちの想いや願いをひとつに集めたものだと。
その日本国憲法を捨てることは、世界の人たちから希望をうばうことになる、と。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない