商品コード:9784422360089

どうして肌の色が問題になるの?

あなただったら、どう答えますか?
2,420円(税込)
2,200円(税抜)
著者名
ニケシュ・シュクラ/著 クレア・フーチャン/著 大嶋野々花/訳
出版社名
創元社
外寸
サイズ 267×190×10 mm
ページ数
48
発売日
2018/12/18
<出版社の内容紹介>
●多文化・多民族の共生を探り、人権にかかわる複雑な諸問題に取り組むイギリス。そこで生まれた、児童・青少年のための新しい学習用テキスト・ブック、全5巻。最終第5巻は、人種差別問題について、さまざまな体験談を紹介しながら、多角的に学習していきます。

●元々いわゆる白人ばかりではなかった狭いイギリスですが、19世紀に大帝国として繁栄するなか、インド、アジア、アフリカ、オーストラリアと、文字通り世界中から新たな移民がやってきました。その過程で、肌の色が白くなく、元々の狭いイギリスにルーツを持たないと勝手に決めつけた人たちの多くを有色人種として区別し、今から見れば非科学的な根拠から、有形無形の差別をしてきたのです。

●今では、肌の色や似非科学を根拠に、一方的な人種のレッテルで人を差別してはいけないことは当然とされていますが、一度強固に根付いた偏見は簡単には解消されないのが現実です。 ●本書は、世の中に今も残る根強い偏見の体験談を読みながら人種差別のルーツとその歴史を学びつつ、なぜ人種差別がなぜいけないのか、これからはどうすればよいかなど、大切な問題でありながら、分かりにくい、教えにくい主題について、Q&A方式で、楽しく学べる、本文総ルビのオールカラー学習書です。 ●著者のひとり、ニケシュ・シュクラは、人種問題に対してユニークな取り組みを続ける作家・編集者・活動家で、ベストセラーとなったアンソロジー『よい移民』(創元社)などを編集もしています。

カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取り寄せの際は、入荷まで7日以上かかる場合もあります)

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない