おやすみなさいの絵本

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:60
  • スライド式の「しかけ」を指で動かして、たのしむボードブック

    夜空に星を浮かべたり、チューリップの花を咲かせたり、空に虹を描いたり。自分の指で、絵の世界を変えられるおもしろさと達成感は、魔法使いになった気分!
    おなじしかけの『ちいさなゆびで』シリーズに、『ようせいたちのもり』もあります。
    ひとりで、みんなで、「無から有」の世界を作りあげる楽しさと充実を。

    1,980円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 空に浮かぶおつきさま。あかちゃんにはふしぎないきものかも

    暗い夜になったら、屋根の上にまんまる笑顔のおつきさま。
    あれ? 黒い雲がやってきて、おつきさまがかくれてしまいました。
    雲さんもおつきさまとお話したかったのね。
    黒い雲が去って、ふたたびにっこり笑顔のおつきさま。
    こちらもにっこり笑顔にしてくれます!
    (子どもの本売り場スタッフY.N)



    屋根の上にまんまる笑顔のおつきさま。
    あれ? くろいくもさんがやってきて、おつきさまがかくれてしまった。
    くもさんもおつきさまとお話したかったかな。
    くもさんがさって、ふたたびにっこり笑顔のおつきさまがでてきて……。
    それを見たわたしたちもおつきさま笑顔に。

    空に浮かぶおつきさまを、あかちゃんはどんなふうに見ているのでしょう。
    初版は1986年、世代を超えて長く読み継がれているあかちゃん絵本です。おつきさまの表情を、あかちゃんはじっと見ています。にっこり笑顔、雲がやってきたときの困り顔、裏表紙に描かれている、舌を出したおちゃめな顔も、しっかり見せてあげてください。2ひきのねこがかくれているところも、お見逃しなく。
    880円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • こんな時間に、おきてるのだれだ?
    こんな時間におきてるのだれだ?
      ふくろうにどらねこに、それからそれから、どろぼう……。そうら、もうおばけの時間なのに。
    まだ、いるね、寝ない子が。
    寝ない子だあーれだっ!
    770円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • おやすみ前によみたい、ささやきごえで よむ えほん
    ※イラスト入りの場合、商品ページのものとはモチーフが違うものもあります。どんなイラストかは届いてからのおたのしみに!
    ※ご自身で楽しんでいただくためのものです。転売はご遠慮ください。
    ※サイン本は宅急便でのお届けのみとなります。ネコポス(ポスト投函)などを希望されても、承れませんので予めご了承ください。


    夜中に起き出して、こっそり外へ出た、ヒツジのきょうだい。
    寝静まった川や森を抜け、広い場所に出ると、そこではおばけがパーティーをしていて……。
    「たのしい」と「ちょっとこわい」が共存する、ひと晩のぼうけん絵本。


    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 「ぐりぐら」の名コンビによる、すてきなおやすみタイムの絵本
    たくさんあそんで、ああ、おもしろかった。おふろに入って、ああ、いい気持ち。晩ごはんも食べて、歯もみがいて、大好きなおかあさんにお話を聞かせてもらって、子守唄をうたってもらう頃には、あの子、もう夢の中……。どんな夢を見ているのかな?
    中川李枝子さんと山脇百合子さんの名コンビが、すてきなおやすみタイムを贈ってくれる一冊。読んでいるおかあさんも、子どもと一緒に夢の中へゆらゆら。気持ちいいね。
    おかあさん、さあ、どんな夢を見ましょうか?
    836円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • みんなねんね。おやすみなさい
    いぬもねんね、ねこもねんね、めんどりもねんね、ひよこもねんね、モモちゃんも……
    ねむたいよう。
    770円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ゆったりと流れる就寝前のひとときを

    夜、眠りにつくまえ、お部屋のすべてに「おやすみなさい。」と声をかけて。
    星にも、夜空にも、そしてささやかに聞こえる音にも……。
    ページをめくるごとに、お部屋の明るさが変わっていくことに、
    あなたは、気づきましたか?
    アメリカ合衆国の絵本黄金期1940年代に生まれた名作絵本です。 

    眠たいのに眠りの波に乗れない夜は、誰にだってある。子どもにだって、当然。そんな時はどうする?
    そう、この絵本の中のうさぎのぼうやのように、いろいろなものに「おやすみなさい」と声をかけてみたら?
    おつきさまに、風船に、絵の中の動物たちにも。そうそう、部屋の隅っこには時計もあって、時間の経過をそっと教えてくれる。そして、時間と共に、こうさぎがベッドにいる部屋の中も少しずつ薄暗くなって……。
    アメリカ合衆国では、1000万部以上売れた絵本とか。

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ふかふかぐっすり、おやすみなさい

    「おふとんかけてほしいこ、だあれ?」の声に「はーい!」。
    元気にお返事するのは、ぶたさん、ぞうさん、シマウマさんなどたくさんの動物の子どもたち。それぞれにぴったりの、カラフルなおふとんがとってもキュート!
    おふとんの形に切り取られたページをめくって、みんなにおふとんをかけてあげたら、最後はわたしにも……。
    おやすみ前に読んであげるのにぴったりの、かわいらしい絵本です。子どもって、おふとんをやさしくかけてもらうのって大好きです。四隅をとんとんも。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 酒井駒子さんの、この世界!

    「きのうのよるね、かわいいこが きたんだよ」
    そろそろおやすみの時間に、男の子はおかあさんに告げます。昨夜、ドアをノックしてやってきた「かわいいこ」の名は「よるくま」さん。
    よるくまさんは、眠っている間にいなくなってしまったおかあさんを探しに来たのだといいます。
    男の子はいっしょに、よるくまのおかあさんを探しに。
    おかあさんは、どこ? 公園や街なかやいろいろ探して、ようやく……。
    よるくまのおかあさんにだっこされて、男の子とよるくまさんは無事おうちへ。
    男の子と、男の子のおかあさんとの会話もやさしくて素敵です。
    眠っている間に、おかあさんがいなくなってしまうのではないか、という不安って、よるくまさんに限らず、子どもにはありますよね?
    本の中に1ページ、文字のないところがあります。それは……。 

    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • おとなの知らぬ間に……
    1,980円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 「いちまでもねむらないもん!」のコッコさんに静かに語りかけます
    夜です。みんな眠っています。起きているのはお月さまだけだと思ったら、まだひとり、眠っていない子どもがいました。コッコさんです。お月さまが語りかけます。「そらのくももねむったよ」。でも、コッコさんは言います。「そらのくもがねむってもコッコはねむらないもん」。「いけのみずだってねむったよ」。「いけのみずがねむってもコッコはねむらないもん」……。いつまでも寝たくないと言いはる子どもにやさしく静かに語りかける絵本です。
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 読者も二代目、三代目という人たちが増えている人気シリーズ
    16,390円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • それぞれが見上げた空には、おんなじまるい月

    夕暮れの公園で、乳母車の中からあかちゃんが、ふと見あげた空にまるい月が。
    バレエの練習から帰る女の子が見上げた空にも。
    新しい運動靴を買った男の子が見上げた空にも。
    仕事が終わった洋裁店の親子も、ギターの練習をしている人も、夕食のかたづけをするおじいさんとおばあさんがふと見あげた空にも、まあるい月が。
    公園にあつまった猫たち、山にいる熊の親子、海でジャンプするクジラの上にも輝くまるい月が。
    うっとりするほど美しく、奥深い「月が居る夜の情景」を描いた絵本。
    『あさになったのでまどをあけますよ』の姉妹版ともいえる、思いのこもる絵本です。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ルイとスージーは古道具でつくった宇宙船に乗り、冒険に出発!
    ルイとスージーは古道具でつくった宇宙船に乗り、冒険に出発! イメージを共有して遊ぶ子どもたちを愛情たっぶりにえがく絵本。
    品切れ中
    1,430円(税込)
  • 一日の色々なあいさつ言葉がたのしくわかる、しかけ絵本です。
    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 「ねむったかな?」のくり返しが心地よい

    しーんと静かな夜、空に浮かんだお月さまは、みんなにおやすみなさいを言いに行くことにしました。
    動物園の動物たちや、公園のブランコ、商店街の店、ベッドの中にいるぼうやも、みんなすやすや夢のなか。
    眠るみんなを見届けたお月さまは、うれしそうににっこり。

    『どうぞのいす』でおなじみの柿本幸造さんが描き、1978年に刊行されたおやすみ絵本が再構成され、よみがえりました。

    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • この浮遊感、くせになる!

    気持ちよさそうに背泳ぎしている水着姿の子どもの姿……。
    不思議なのは、浮いているのは水の上ではなくて、夜空だっていうこと!
    ふわふわ浮いているその子は、屋根の横を通り過ぎ、木々の上も通り過ぎ、街灯のともる街角を曲がっていって……。
    ちっとも眠れない夜、カーテン越しに窓の外をのぞいてみると、そんな驚きのシーンに出くわすことができるかも。
    夢のなかにいるような、まどろみのなかに迷い込んだような夜空遊泳心地になる1冊。 近藤未奈さん、本作がデビュー作です。

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ミッフィーと一緒におやすみなさい

    窓の外にぽっかりお月さまがうかんでいます。
    ミッフィーは、そろそろおやすみの時間です。
    はりねずみさんや、サイさん、おほしさまに、おやすみなさいのごあいさつ。
    みんなにおやすみなさいをしたら、わたしもミッフィーと一緒におやすみなさい。
    ミッフィーのシルエットに型抜きされたシェープブックになっていて、ボードタイプなのであかちゃんが自分でめくってもたのしく読めます。
    ミニ版もあります。

    品切れ中
    968円(税込)
  • ミッフィーと一緒におやすみなさい

    窓の外にぽっかりお月さまがうかんでいます。
    ミッフィーは、そろそろおやすみの時間です。
    はりねずみさんや、サイさん、おほしさまに、おやすみなさいのごあいさつ。
    みんなにおやすみなさいをしたら、わたしもミッフィーと一緒におやすみなさい。
    ミッフィーのシルエットに型抜きされたシェープブックになっていて、ボードタイプなのであかちゃんが自分でめくってもたのしく読めます。

    825円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • おやすみ前の空想あそび

    夜の10時を過ぎても眠らずにあそんでいるこねこちゃんに、おかあさんは「夢の中で待ち合わせしましょう」と声をかけます。
    「お空の上で待ち合わせはどう? 夢の中なら雲の上までとんでいけるの」
    「世界中の動物たちとおはなしできる動物園で待ち合わせはどうかしら」……。

    はじめはベッドに入るのをいやがっていたこねこちゃんも、目をつむってたのしい空想の世界へ。
    おや? ふたりとも、いつの間にかほんとうに夢を見はじめちゃったみたいです。
    すてきな空想で、おやすみの時間がハッピーになりますね。

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 大事な月が、なくなっちゃう!

    夜の動物会議で「月の番人」に選ばれたシロクマのエミール。森のみんなに不可欠な月の光を守るため、月にかかる雲をほうきではらったり、月と語り合いながら、毎晩欠かさず世話をしています。でもあるとき、どんどん月が細く、薄くなっていくことに気づいたエミール。消えゆく月を元に戻そうとしますが……? 物語のゆったりとした雰囲気を伝える、あべ弘士さんの翻訳にもご注目。

    おとなにもおすすめ!2021/11/21放送|NHKラジオ「落合恵子の絵本の時間」で紹介されました。
    これまで「落合恵子の絵本の時間」で紹介した絵本リストはこちら

    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • さやのベッドでおやすみなさい

    夜になり、そらまめくんたちも眠る時間。ふわふわの大きなベッド、細くて長いベッド、薄くてやわらかいベッド……それぞれが自分のベッドに向かいます。
    たとえば、細くて長いベッドは、グリーンピースのきょうだい用。ほかのベッドは誰のでしょう? そらまめくんシリーズの最新作です。

    935円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • みんな一緒に寝たいよね!

    夜の動物園。
    「ぐっすりおやすみ、ゴリラくん」、「またあしたね、ライオンくん」と動物たちにやさしく声をかける管理人さん。
    と、檻から手を伸ばしたいたずら好きのゴリラくん、管理人さんからこっそり鍵を取って、他の動物たちの檻の鍵を次々と開けてしまいます。
    檻からぬけだした動物たちが、管理人さんの後を一列になってベッドの中までついていく姿に、ほのぼの! ふふふ。
    (子どもの本売り場スタッフ Y.N)

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ホームシックにきく、3つの宝もの

    はじめてのお泊まりは、おばあちゃんの家。
    エイミーはひとりで行くって自分から言ったもんだから、
    さみしくても、「帰りたい」とは言えない。
    でも、こっそり持ってきた「3つの宝もの」に助けてもらって……。
    はじめてお泊まりを3晩やり通して、ちょっぴり、お姉さんになったかな?

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

件数:60

最近チェックした商品履歴を残さない