冬の絵本

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:126
  • 冬のファンタジー

    おじいさんが落としたてぶくろが、だれかのすみかになるなんて! わたしが落とした てぶくろも、もしかしたら……なんてたのしい空想をしてしまいます。

    雪の上に落ちていた手袋に、ネズミが入りこみました。
    そこへ、カエルやウサギ、キツネと次々やってきて……てぶくろははじけそう……。
    個性ある動物の表情が、特にすばらしい傑作です。

    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ヒガン花、マツヨイ草、リンドウ、ススキ……秋・冬の野草を紹介。
    ヒガン花はどうしてそう呼ばれるようになったの? マツヨイ草は? リンドウは漢字でどう書くんだっけ? 名前の由来は? 野がちょっと淋しくなる秋から冬の野草を紹介。
    名前の由来や、野の花遊びなど、草花とのさまざまな遊びかたが詰まった本。
    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • もっとも幸せな日のおはなし

    降り積もる雪の中。森の動物たちは
    みな眠っている。おや? ネズミもクマも
    カタツムリも、みんなくんくん。目を覚まして
    どっかを目指して走っていく。辿りついた先には……。
    (K.O)

    1,210円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 楽しみながら体や心を育てる遊びをたくさんの絵で紹介。
    かこさとしさんが子どもたちに遺していってくださった「あそびずかん、ふゆのまき」。 子どもを愛し、子どもを信頼し続けたかこさんは、どんな遊びを紹介してくれるでしょう。 ナンテンやマツバ、雪を使った自然遊び、おしくらまんじゅう、縄跳びなどの外遊び。凧の工作や折り紙、ハンカチ遊び、絵かき遊びなどの室内遊びも楽しく紹介!
    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ちょっと立ち止まって、見てみよう。

    ちょっと失礼します。あなたの冬芽を見せてください。
    それぞれ動物や人にも似ていたり。あ、この冬芽はパパに似ている。
    (K.O)




    ページをめくると、ユニークな顔がいっぱい。りりしい顔から、いまにも笑い出しそうな顔まで。
    冬芽たちは、春になって葉を出し、花を咲かそうと準備中。
    この時季ならではの自然の不思議もたのしみながら、冬芽たちと一緒に春を待ちましょう!
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 師走・お歳暮・クリスマスなど
    たくさんの絵とともに、行事の由来をわかりやすく紹介する行事絵本の決定版! 子どものかかわる祭り、二十四節気や日本の自然、草花あそびや工作など季節の楽しいあそびを紹介。かこさーん、子どもたちは、かこさんが大好きですよ。そして、遊びをしっかり受け継ぎますよ。
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • プレゼントにぴったりの〈愛蔵版〉やっぱり泣けるんだよね、最後のページで。こころ揺さぶられる雪の日の物語

    レイモンド・ブリッグズがうみだした、スノーマン。何度読んでも、最後のページで泣いてしまうんだ。
    男の子がつくったスノーマン。夜、気になって見に行くと……。スノーマンが動き出して……。スノーマンと空高く舞い上がり、飛び楽しさ。サンタさんにも会って、青いマフラープレゼントされて……。最高にご機嫌な一夜を過ごしたけれど……。 朝の眩しい光の中で、スノーマンは?
    名作絵本『ゆきだるま』が、美しくデラックスな装丁で登場。スノーマン読んで育ったパパにプレゼントしようか。
    細かいコマ割りで描かれた、字のない絵本です。

    • たいへん申し訳ございません。本商品『スノーマン』は版元品切れ(重版予定なし)です。
      表紙デザインとタイトルが異なりますが、『ゆきだるま』はご用意可能です。(字のない絵本のため、内容は同じです)
      2020.11.24

    • ”ゆきだるま”
    品切れ中
    1,760円(税込)
  • 節分・立春・針供養・雨水・バレンタイン・雪のいろいろなど
    たくさんの絵とともに、行事の由来をわかりやすく紹介する行事絵本の決定版!子どものかかわる祭り、二十四節気や日本の自然、草花あそびや工作など季節の楽しいあそびを紹介。梅の香りがふんわりと、の2月に。
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 雪がつもって、大はりきりの子リスたち!
    森に雪がつもって、子リスたちは橇すべりをしようと朝から大はりきり。
    そりゃあ、心も身体もわくわく浮き浮き。 寒がりやのおとうさん、しぶしぶおつきあいしたはずが……。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 雪国の生活を様々な面からわかりやすく描いた絵本
    雪が積もりだすと、学校の運動場では雪合戦が始まります。やがてずんずん積もると、車はタイヤにくさりを巻き、線路にはラッセル車が走ります。もっとたくさん雪が積もると、屋根の雪おろしをし、2階のまどから外に出られるようになり、吹雪になれば、鉄道が止まったり、停電になったり……。
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 正月・門松・お年玉・初夢・七草がゆ・左義長など
    たくさんの絵とともに、行事の由来をわかりやすく紹介する行事絵本の決定版!子どものかかわる祭り、二十四節気や日本の自然、草花あそびや工作など季節の楽しいあそびを紹介。まだ何も描かれていない真っ白な画用紙みたいな1月に。
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 気のいいたぬきは手伝いばかり
    動物たちは森でせっせと木の実ひろいを始めました。でも、気のいいたぬきは仲間の手伝いばかり。何もひろえずに、疲れはてて家へ帰ってみると……。
    770円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ゆきがふると、きまって歌いたくなるあの曲
    ♪ゆきやこんこ あられやこんこ…。
    雪が降ると、だれもがくちずさむあの歌が絵本になりました。
    歌いながらページをめくるだけで、幼かった日、窓の外に雪を見た日のまぶしい気持ちがよみがえり、表紙の女の子といっしょに雪野原にかけだしていきたくなります。 歌の終わり、「ねこが丸くなったこたつ」でおかあさんにあたたかな飲み物をもらうときの、懐かしい幸せな気持ちまで、何度でもくりかえし味わってください。
    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 冬だからこそ、星が美しい。

    冬空に輝くシリウスと冬の大三角を手がかりに、冬の星座と星々を紹介。
    季節が変化する理由や、身近な星・太陽のすがたも紹介。
    今夜は空を見上げてみよう。

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 雪山で出会ったほかほか温泉

    ある日、積もった雪の中、スキーをはいておにいちゃんと山に散歩に出かけた女の子は、おふろを見つけます。
    山のおふろです。クマやシカ、キツネやウサギ……、動物たちに
    「やあ、いいゆだよ。はいっておいで」
    そう誘われて、ほかほか、ほかほか、あったまります。
    動物も、やっぱり冬は寒かったんですね!
    あったか~い温泉が、恋しくなってきました。
    「ようこそ森へ」シリーズ、冬の絵本。

    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 雪の森でくり広げられる、大自然との交歓

    冬の夜ふけのこと。
    みみずくを探しに、とうさんとわたしは森の中へ。
    耳を澄ますと、本のなかから、聞こえてきますよ。
    雪を踏みしめる音。木々のしずけさ。そして、ミミズクの声が……
    (子どもの本売り場スタッフR.B)



    きらきらとした月の光が、降り積もった白い雪を照らす夜。
    静かな雪の風景の中で、はじめてみみずく探しにでかける女の子の胸の高鳴りが描かれています。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 寒い日でも、あったか気分になれますよ

    赤いてぶくろを片方なくしてしまった、ふたごの男の子のネッドとドニーのもとに、近所の人から、拾ったという赤いてぶくろが次々に届きました。その数、なんと10!
    そこでふたりはいいことを思いつき……。
    てぶくろを通した交流に、こころあたたまる1冊です。

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 心のあたたまるイラストとともに

    新美南吉の名作がいま。
    冷たい雪で牡丹色になった子狐の手を見て、母狐は手袋を買ってやろうと思います。
    そこで母狐は子狐の一方の手を人間の手にかえて、銅貨をにぎらせます。
    手袋を買うときは、「かならず人間の手のほうをさしだすんだよ」と、よくよく言いふくめて町へ送り出しました。
    黒井 健さんの情感豊かな絵で表現された南吉の世界です。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • あたたかくも、ちょっぴりせつない物語

    風の子なのに、寒がり屋のフーは、ガラスでできたすてきなストーブを手に入れて大満足。ひとりこっそり森の中で火にあたっていると、そばにやって来たのは1ぴきのひめねずみ。ストーブにあたりながらいろいろは会話を交わして、互いにこころを通い合わせてたのしい時間を過ごします。
    そんななか、ふたりの前に外国人の風の子が現れたことで、関係がぎくしゃくしだして。
    はかなさの残るすてきなファンタジーです。

    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 隅々までたのしめます
    はりねずみのハリーが、毛糸の靴下をみつけました。
    はなをつっこんでみて、さて、はずそうとすると、はりがささってとれません……。
    細部まで丁寧に描かれた絵が美しい、読み聞かせにぴったりのたのしい絵本です。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • おひさまのひかりが恋しい

    灰色で、暗く、冷たいところにいるとき。
    どんなに おひさまのひかりが恋しいだろう。
    まきばのはなや、くさたちのいろが、
    こころによりそうことばが恋しいだろう。
    すこし、はにかみながらそばにいてくれる。
    そんなねずみのおはなし。
    (子どもの本売り場スタッフ K)



    冬に向けて、せっせとトウモロコシや木の実を集める野ネズミたち。
    でも、フレデリックだけは働かない。理由を聞いても、何だかちんぷんかんぷん。
    「寒くて暗い冬の日のために、おひさまの光や、色や、ことばを集めてるんだ」と。
    いよいよ冬本番。食糧が尽き、元気がなくなった野ネズミたちにフレデリックが話しはじめ……。
    1,602円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • お化けたちが雪国へ遊びにきました。久しぶりに冬のお化けたちに再会
    三つ目の大入道がこたつでまるくなっています。「えらく雪がつもったねぇ」と一つ目の青坊主。一つ目小僧たちは庭でソリすべりを楽しんでいます。 そこにやってきたのは、雪女や雪ん坊、雪童子たち。さっそく雪合戦がはじまって……。おなじみ「お化けシリーズ」の第三弾。 時間とともに変化する雪の色合いが見事!雪国の楽しさが伝わってくる作品です。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 聞こえてくる、春の音

    あなの中で冬ごもりしている熊の坊や。
    お母さん熊に尋ねました。
    「ぽとんぽとんってなんのおと?」
    さあ、なんの音でしょう。
    春を待つ熊の母子の交流と、季節の移り変わりを暖かい言葉と絵で描いた絵本です。

    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • こんな雪あそびをしてみたい!
    雪が降りそうな日に読みたい絵本です。
    だるまちゃんがゆきだるまの目にりんごをつけたら、りんごがコロコロ転がって……
    その先で出会ったうさぎちゃんたちと、雪でいろんなものをつくります。
    からだが冷えたら、おうちの中でできるあそびを。 素朴だけど、
    ちょっとした工夫でたのしめる、あそびのアイデアが満載です。
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

件数:126

最近チェックした商品履歴を残さない