父の日・お父さんの絵本

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:86
  • あかちゃん恐竜を前にして……ガオー!

    おとなにもおすすめ! 2019/2/23放送|NHKラジオ「落合恵子の絵本の時間」で紹介されました。
    >これまで「落合恵子の絵本の時間」で紹介した絵本リストはこちら

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • あのなが~い名前も、おぼえてしまいます

    きっと世界一長い名前のもち主「じゅげむ」ちゃん。
    めでたいものの名前を並べると、ざっと136文字。
    名を呼ぶほうも、呼ばれるほうも、じれったい、とは言いっこなし。
    これも、子を思う親ごころ。「じゅげむじゅげむ……」ととなえれば、みんなしあわせになれそう。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • BLUEが織りなす物語

    親をしらないサケの子どもたちが川から海へ、だれに教わったわけでもないのに泳いでいく。
    いくつもの出会いがあり、やがて、なつかしいにおいのする生まれた川にかえり、そこではじめて「親」をしり、あたらしいいのちが生まれ……。
    造本作家・駒形克己さんによる、さまざまな青色が揺れる、美しいしかけ絵本。

    1,987円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 子どもにとって、親の離婚とは

    今日はパパと一緒だよ。会う人ごとに告げるティム。
    両親が離婚をしてパパに久しぶりに会ったんだ。
    ちょっとせつない場面もあるけれど。大丈夫。ティム、
    きみなら越えられる。それに、きみにとってパパは
    ずっとパパなんだよ。 (K.O)

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 命への「アリガトウ」を込めた絵本

    ありがとう が アリガトウ と手をつなぐ
    ありがとう と アリガトウ が球になって転がって行く

    「この本と一緒に“アリガトウ”と心から伝えたい。家族へ、友人へ、そして命へ。」-駒形克己

    駒形克己さんから、素敵な絵本が届きました。
    大津で和菓子をつくる芝田清邦さんとつくられたというこの本は、自然へのまっすぐな感謝の気持ちにあふれています。
    「山の径」、「みつばちさん」、「花さん」、「おひさまの笑み」、「実生の木」、そして「アリガトウ」。
    6枚組のカード絵本は、それぞれに異なった趣向が凝らされています。
    巣穴から金色のミツバチがのぞくデザインの函入りです。

    デザイン/駒形克己 ことば/芝田清邦
    仕様/カード6枚組・函入り


    ●『アリガトウ』に寄せた駒形克己さんのメッセージ

    すべてのひとへ、そして命へ……絵本『アリガトウ』に込めた想い

    私の絵本からイメージが触発されたという、大津で和菓子づくりを営む会社の会長・芝田清邦さん。 いろいろ話をしていく中で、もしかして一緒に絵本づくりができるかも、と思った次第。
    こうして、ひょんなことから生まれた絵本です。当時の私は、まだ自宅療養中の身。
    急性白血病を発病し、骨髄移植後の退院してまだまもない頃、食欲は細く体力もまだおぼつかないそんな時に、会長さんの、のびやかで真っ直ぐな「アリガトウ」の言葉に出会いました。
    治療が手遅れであれば余命2ヶ月とも言われた命……こうして元気に回復していることへの感謝の気持ちを、
    私自身、この本と一緒に「アリガトウ」と心から伝えたい。 家族へ、友人へ、そして命へ。

    2,750円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 世界中どこでも行ける、魔法の地図
    戦争で国を追われ、見知らぬ土地で暮らすことになったぼくと家族。
    とうさんが市場で買ってきたのは、食べものではなく、大きな地図。
    とうさんが壁に貼った地図を眺めるうちに、ひもじさも貧しさも忘れ、ぼくは想像の旅へ。 大切な何かを失ったとき、本当に必要なものをおとうさんは知っていたんだ。
    「よあけ」などでおなじみの、ユリ・シュルヴッツが自らの子ども時代の体験を描いた絵本。
    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 1月25日は「初天神」のおまつり!おやこの掛け合いがゆかいな落語絵本

    学問の神様、菅原道真をまつる天満宮の縁日は毎月25日。
    新年になってから、天満宮にはじめてお参りに行くことを、初天神といいます。
    落語絵本、ますます好調の川端誠さんが描く『はつてんじん』。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • めくってさがす、切り抜きしかけ絵本
    きょうはとうさんとデパートでお買いもの。ところがぼくがおもちゃを見ている間に、とうさんがまいごになっちゃった! ものかげからちらっと見える、とうさんに似た帽子のひと、ネクタイのひと、くつのひと……。ページをめくってとうさんを探しましょ。柱やショーケースの部分が切り抜きになっていて、探すたのしさがいっぱい! 繰り返しますが、まいごになったのは、ぼくじゃあないよ、とうさんだよ。そこんところ、よろしく!
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • おとうちゃん、生まれる瞬間をしっかり見届けて

    絵本作家・長谷川義史さんが、3人の子どもの出産に立ち合って描いた絵日記が3つ。
    ひとりめは病院で、ふたりめは助産院で、3人目は自宅で、と出産のスタイルもいろいろ。
    村中李衣さんは、この出産絵日記の存在に注目し、世に生み出すのに立ち合った、いわば「助産師」さんです。
    その村中さんとの対談では、3つの出産をふりかえり、いまこそ語れるとまどいや本音も……。
    出産って、どんなふうにすすむの? おとうちゃんは何ができるの? 出産を迎えるおかあさん、おとうさん、きょうだいと、家族一緒で読んでみてください。

    1,760円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • いろんな動物のおとうさんが登場!
    いろんな動物のおとうさんが登場してムフフ、アハハと笑わせたり…… うちのおとうさんにそっくり!と、うなずかせてくれます。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 思わず笑っちゃう!ユニークなおとうさんたち
    おとうさんにもいろいろあるけれど……。この絵本の中のおとうさんたちは、いたずら好きで、かわいくて、へんにまじめだったりで、思わず、ふきだしちゃいます。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • おうちに隠されたママの秘密

    パパは、夢のなかのはらっぱで、ちょくちょく大好きな恐竜に会っているらしい。
    でも、ママはもっとすごかった。だって、島と恐竜を持っているって言うんだから。
    それを聞いて、引きつるパパ、余裕のほほえみのママ。
    ところで、ママの島って、どこにある?

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • とうさんみたいになりたいなぁ
    とうさんみたいになりたいなぁ 久々にとうさんぐまが帰ってきて、くまの子は大喜び。ひと眠りしたとうさんと、森の中へお散歩です。待ちに待ったふたりの時間。手をつないだり、肩車をしてもらったり。橋が流されているとわかれば、木を折って橋をつくってくれるんだから、おとうさんってやっぱりスゴイ!  大きな背中とちいさな背中、親子並んで歩くうしろ姿が、胸きゅんものです。
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 子どもの特権・空想と現実の行ったり来たり

    ラッパを持って、「ぼく」は森の中に。
    ラッパの音を聞きつけたライオンや象の子や
    動物たちが寄ってきて、みんなと過ごす素敵な時空。
    子どもの空想にまじめにつきあってくれるお父さんも素敵だネ。
    (K.O)



    楽器の音を聞き、動物の息づかいや森のにおいを感じる余地を残したモノクロ絵本。
    子どもたちを魅了し続けてきた、1963年刊行のロングセラー。
    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • おとうさんのすてきな提案!「ピートでピザを作ってしまおう!」

    雨のせいで外で遊べなくなってしまったピート。つまんないや、雨なんて大嫌い!
    そこで、お父さんの出番です。ご機嫌斜めのピートを抱きかかえて、「ピートでピザを作ってしまおう!」
    まず生地(ピート)をこね、空中でくるっと一技見せ、油(水)に
    小麦粉(ベビーパウダー)サラミにチーズ。だんだんとピザらしい色になり、いざオーブンへ……。

    60歳を過ぎて子どもの本に力を注いだスタイグの「最初のピザ」になったのは、末の娘さんだった そうです。
    できたてのピザのようにホットで、遊びのヒントと笑顔と優しさがトッピングされたお話。
    さて、きょうはわが子を、ピザにしよう。

    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 声にだして、読んでみよう。ワハハハッ。

    ぼくは5歳。ぼくのおじいちゃんは、ぼくのおとうさんのおとうさんです。
    おじいちゃんにも、おとうさんがいたんだよね?
    おじいちゃんのおとうさん、ひいおじいちゃんは、どんなひとだった?
    さらに、ひいひいひいひいひいひいと、遡ると、ちょんまげ姿。
    絵本といっしょにタイムスリップ。スコーンと突き抜けた笑いを、あなたに。
    声にして読んでみよう。
    長谷川義史さんが、いのちのつながりをたのしく描いた傑作です。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 左右上下に画面が広がる! しかけ絵本

    モニカにお月さまをとって、と頼まれたパパ。 手を伸ばしたら届きそうなくらい、大きくて近くにいるお月さま。 「パパ、お月さま とって!」と娘に頼まれたパパ。他でもない、この子のためなら……。
    長いはしごをたかーい山にかけ、どんどんはしごをのぼり、ついにお月さまのところまで!
    ページが上下、左右に開くしかけで、大きなお月さまも迫力満点!
    画面が左右上下に広がるしかけのたのしさそのまま! おでかけサイズのボードブック版。

    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • たのしいしかけにこころ弾みます

    タツノオトシゴやトゲウオ、ど、子育てをする父さん魚の大奮闘。育児中の父さん魚は、日々、卵を守りながら暮らします。
    珍しい生態をもとにした、ユニークな魚の絵本。
    口の中で卵を育てるティラピアの生態も興味深く、透明フィルムのページをめくると、隠れていた魚が出てくるのも楽しい仕掛けです。
    作者エリック・カールさんの鮮やかで明快なイラストも素敵です。
    青虫から、父さん魚の子育てまで。守備範囲のきわめて広く、深い作家です。

    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • お月さまが、教えてくれました

    手を伸ばしたら届きそうなくらい、大きくて近くにいる(ように見える)お月さま。
    娘のモニカに、「お月さま とって!」とお願いされたパパ。愛するモニカのためなら、どこまでも……。たかーい山に、ながーいはしごをかけて、どんどんのぼって、もっとのぼって、さらにのぼって、ぐんぐんのぼって……、ついにお月さまのところまで!
    ページが上下、左右に開くしかけで、大きなお月さまも迫力満点!
    しかけ絵本のおもしろさ、奥深さ、さらにシンプルさもここに!

    1,760円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • パパとお風呂に入るって、たのしいね
    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 「とうさん」と「ぼく」を つなぐ庭

    庭師の「ぼく」はある日、同じく庭師だった「とうさん」の遺した庭の本のなかに、1枚の写真を見つけます。
    そこは見たこともない草花ばかりのふしぎな庭で、「ほんのにわ」と書いてあります。どこにあるのか調べてみても、わかりません。
    ある時うっかり本を雨に濡らしてしまうと、本から花が伸びてきて……。

    同じ仕事をする父と子の静かな絆がこころに残る、あたたかなファンタジー。
    こんなふうに、ひととひとって繋がっているんですね。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 一生懸命まじめで不器用なウルトラ・パパの子育て絵日記。
    1,287円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ウルトラ・パパとバルタン・パパの子育て絵日記。
    かっこいい人、不器用な人、強い人、弱い人、世の中いろんなお父さんがいる。みんな一生懸命お父さんをやってる。お父さんはウルトラマン。そして、時々はバルタン星人。ウルトラ・パパとバルタン・パパの子育て絵日記。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 人気の「おとうさんはウルトラマン」シリーズ第4作
    品切れ中
    1,320円(税込)
件数:86

最近チェックした商品履歴を残さない