季節の行事絵本

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:697
  • あかちゃん恐竜を前にして……ガオー!

    おとなにもおすすめ! 2019/2/23放送|NHKラジオ「落合恵子の絵本の時間」で紹介されました。
    >これまで「落合恵子の絵本の時間」で紹介した絵本リストはこちら

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 歌い継がれてきた定番ソングを、被災地への応援歌として編成
    1,980円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ランドセルから、世界とひとびとのこころが見えてくる

    日本の子どもたちが使ったランドセルに文具を入れて、アフガニスタンの子どもたちに贈るという活動を続けてこられた写真家・内堀タケシさん。その活動を紹介している写真絵本です。
    戦争状態が続くアフガニスタンの子どもたちにとっては、使い古されたものでも大切な宝物。とくにランドセルをもらったときの顔いっぱいに広がる笑顔は印象的です。
    勉強ができる喜び、それはまわりのひとの幸せや平和につながるという、子どもたちの思いが胸に響く作品です。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • いろんなどうぶつサンタがいるけれど…

    空を飛び交ういろいろなサンタさん。
    ノンタンはクリスマスに赤いじどうしゃがほしいのだけれど、
    お願いしたい「ねこサンタ」にはなかなか出会えない。
    うさぎサンタや、くまサンタ、いろいろいるけど、ノンタンのお願いをかなえてくれるという、
    「ねこサンタ」はどこ?
    ノンタンといっしょに探そう! (S.I)

    770円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • クリスマスの日、おばけのこどもはどうしてる?
    クリスマスとおばけ。なんだかミスマッチだけれど、そこはせなけいこさん。とてもラバブルな お話を。
    クリスマスです。で、おばけのこどもはどうしてる?  女の子は心配です。だって、誰もおばけのこどものことなど考えないシーズンなのですから。 そこで女の子は、いろいろと準備をします。おばけのためのケーキと、そして懐中電灯、さらに 手編みのセーターと。そうして向かったのは……。
    セーター姿のおばけさんがとても愛らしい絵本です。
    品切れ中
    968円(税込)
  • 心のなかにずっと

    あなたには、子どもの頃、大切にしていたものはありますか?
    ぼうやには、大切にしているうさぎがいました。
    ずっと一緒だと思っていたけれど……
    思い出がやさしく支えてくれる、そんな出会いがあります。

    クリスマスにぼうやがもらったビロードのウサギ。ベッドで一緒に寝るようになって、ふたりは仲よしに。
    大事にされたおもちゃは本物になるという言い伝えを信じたウサギは、自分が本物のウサギだと思うように。
    でもビロードのウサギは実際は古くなる一方で、野ウサギたちには本物じゃないと言われ……。
    いよいよ捨てられることになったその晩、ビロードのウサギに奇跡がおこり……。
    ぼうやにとってのうさぎのように、この絵本も、いつまでもこころに残る贈りものになりそう。

    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • こころもからだも、ほっかほか!

    ねずみのかあさんが、おしるこを煮ています。
    「あーぶくたった にえたった にえたか どうだか たべてみよ」
    「むしゃ むしゃ むしゃ」 でおなかをくすぐると、子どもたち大喜び!
    こころも からだも、ぽかぽかあたたまりますよ。
    (子どもの本売り場スタッフY.I)

    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • あのなが~い名前も、おぼえてしまいます

    きっと世界一長い名前のもち主「じゅげむ」ちゃん。
    めでたいものの名前を並べると、ざっと136文字。
    名を呼ぶほうも、呼ばれるほうも、じれったい、とは言いっこなし。
    これも、子を思う親ごころ。「じゅげむじゅげむ……」ととなえれば、みんなしあわせになれそう。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 一番乗りしたのは、うしの背にのったねずみ! 十二支のいわれがわかるおはなし

    2020年は子年。十二支の一番目は、ねずみの年ですね。
    どうしてねずみが、干支のはじめに来る動物がなのか、知っていますか?
    そこには、神さまと動物たちのこんなお話があったのです……
    長谷川摂子さんの語る昔話を、山口マオさんの版画絵が、
    ゆかいに描き出します。
    (子どもの本売り場スタッフT・K)

    946円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 友情とは……語り継がれるお話

    村人となかよくしたい赤おにと、そのねがいをかなえてやろうと、自分が悪者になる青おに。 おに同士の友情を感動的に描きます。

    この絵本を開くたびに、うるうるするわたしがいます。というか、うるうるの瞬間を忘れていないか? と 思ったときに、この絵本を開きたくなるのかも。

    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • シンプルで、あたたかい!あかちゃんからたのしめます

    「さんさん さんかく さんかくサンタ」からはじまって、さんかく、まる、しかくとリズミカルにくり返しながらすすんでいくので読みやすい。シンプルですが、ことばと絵にあたたかみがあって、読みながらいろいろな想像が広がっていきます。
    あかちゃんからたのしめるクリスマス絵本が少ないなか、ぜひ手にとって読んでみてください。


    さんさんさんかく さんかくサンタ。まんまるふくろの中にもってきた、しかくいプレゼントはなあに? ことばのリズムがたのしく、子どもたちが、まんまるの笑顔になるユーモアがたっぷりつまった絵本。はじめて贈るクリスマス絵本にもオススメの一冊です。

    品切れ中
    1,320円(税込)
  • おいもたちは、土のなかでからだをきたえています……そのわけは?

    さつまいもは土の中で暮らしています。でも、ただ眠っているだけじゃあないのです。 歯磨きだってちゃんとするし、トイレにも行くし、もちろんご飯も食べます。お風呂にだって入ります。でも、最も大事にしているのは、トレーニング! だって、「うんと とこしょ」と子どもたちと綱引きしなくちゃならないのですから。からだ、鍛えなくちゃね。
    この絵本を劇ミュージカルにし、劇中歌を収録した<CDさつまのおいも>があります。

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • みんな大きくなっていく

    洋服がちいさくなること、あんまり泣かないこと、おもしろいことが見つけられること。
    それはみんな、大きくなったあかし。4歳、おかあさん34歳、おじいちゃん70歳……。
    みんなそれぞれ自分の速度で大きくなっていく。
    急ぐことはないけれど、またひとつ成長したあの子に、「おめでとう」のメッセージを込めて。

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 雪の上に大きな足あと……いったいだれの?

    ぐりとぐらが、森で見つけた大きな足跡。
    足跡をたどって辿り着いた先は……、なんと、ふたりのおうち!
    ぐりとぐらのうちに、一体、誰がやって来ているのでしょう?

    あの大きな足跡のぬしは?
    少し時間がとれたら、ぐりとぐらのシリーズを、ぜーんぶ読みたくなりますよね。
    「はじめまして」のひとも、「お久しぶり」のひとも。(S.I)

    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • BLUEが織りなす物語

    親をしらないサケの子どもたちが川から海へ、だれに教わったわけでもないのに泳いでいく。
    いくつもの出会いがあり、やがて、なつかしいにおいのする生まれた川にかえり、そこではじめて「親」をしり、あたらしいいのちが生まれ……。
    造本作家・駒形克己さんによる、さまざまな青色が揺れる、美しいしかけ絵本。

    1,987円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • わがやのツリーがいちばん

    クリスマスツリーをつくろうと張り切るねずみくんに、動物たちが自分のツリーを自慢げに見せては大いばり。そこへ、ミニサイズのツリーを抱えたねみちゃんが登場。みんなはちいさすぎると大笑いしますが……。
    人気の「ねずみくん」シリーズ第19作目。

    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • よるくまはサンタさん知らないの?

    よるくまは「ぼく」のともだち。
    よるくまはいいこだから、きっとサンタさんが来るよ。
    でも、いっぱい怒られた悪い子の「ぼく」のところには?
    心配で眠れない「ぼく」と、よるくまの夜のおさんぽ。
    (子どもの本売り場スタッフS.I)

    「ぼくにはサンタさん、くるかなぁ」 悪さをしておかあさんに叱られた男の子は心配で眠れません。そんなとき、「トントン」。ドアをノックして現れたのは、かわいい友だちの、あのよるくまです。よるくまとのたのしい時間を過ごしたあと、あたたかい気分で、安心して夢のなかへ。
    さて、このぼくにサンタさんのプレゼントはちゃんと、届くのかな?

    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • にらめっことは逆で、泣いたほうが負け!

    ねえねえ、こわめっこしようよ!泣いたら負けだよ、いい? いくよ!と出てきたのはひとつ目小僧。ページをめくると……? うわー! お次はフランケンシュタインに、ゾンビ! 次々にこわい妖怪たちや魔女が出てきます。
    そうなんです、「こわめっこ」は、にらめっことは逆で、泣いたほうが負け! おとなもびっくりしちゃうようなこわ~い顔の数々。この勝負、あなたは勝てるかな?

    • 絵本の定期便ブッククラブ★幼児からの新刊絵本コースでお届け
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 柳原良平さんが切り絵で、伝統的な動物たちのイメージを表現しました。
    元日に、十二支の動物たちが新年会へ。
    おせちでお祝する前に、まずは語呂のよい言葉にのせてそれぞれの紹介を。
    最後は、そろって金屏風の前で、ごあいさつ。
    柳原良平さんが切り絵で、伝統的な動物たちのイメージを表現しました。
    1,210円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 心がなごむ、せなけいこさんの「節分」の絵本
    豆まきで鬼たちは逃げだしますが、残されたかわいいちび鬼は人間の子どもたちと仲よくあそんでいます。 鬼の親分がちび鬼を連れ戻しに、よろいを着てやってきますが……。 さあ、親分どうなる? ちび鬼は? 人間の子どもたちは?
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 人気のパネルシアターが、絵本になりました!
    人気のパネルシアターが、絵本になりました!
    「おばけマンション」に住んでいるのは、ちょっと間抜けなおばけたち。
    入れ歯のドラキュラ、ほうたいが足りないミイラ男、ばらばらになったがいこつ?
    そこに2人の子どもがやってきて、変な料理をする魔女の家を訪ねると……。
    ユーモラスなお化けの話なので、小さい子からたのしめます。 パネルシアター同様ん、村上康成さん描く絵本です。
    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ぼくたちはこの園で出会った。それってとってもすばらしいきせき!
    出版社からのおすすめコメント
    ★この広い宇宙の中の地球という星のこの国で。いま。ぼくたちはうまれた。そして、ぼくたちはこの園で出会った。それってとってもすばらしい きせき!
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 月の不思議と魅力を、ちょっと科学的に絵と写真で紹介

    美しい写真で満ち欠けや月面のようすなどを分かりやすく描いています。
    月の成り立ちや地形図、月までの距離ほか、月にまつわるデータやアポロ11号の月面着陸についても紹介。
    さらに、月はどうしてかたちが変わるのか、月のもようはなににみえるか、月食や赤い月のふしぎも。
    子どもも大人も楽しめる、月の魅力満載の写真絵本。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 五味太郎さんのイノシシ年のひとの絵本。ペーパークラフトつき

    ウワサ以上に、はやいはやい! すごいスピードでも、イノくん、猪突猛進。 誰かに似ているね、そんなところが。

    付録・ペーパークラフト「たかたかイノくん」本間純/作

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

件数:697

最近チェックした商品履歴を残さない