サンタクロースの絵本

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:138
  • いろんなどうぶつサンタがいるけれど…

    空を飛び交ういろいろなサンタさん。
    ノンタンはクリスマスに赤いじどうしゃがほしいのだけれど、
    お願いしたい「ねこサンタ」にはなかなか出会えない。
    うさぎサンタや、くまサンタ、いろいろいるけど、ノンタンのお願いをかなえてくれるという、
    「ねこサンタ」はどこ?
    ノンタンといっしょに探そう! (S.I)

    770円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • クリスマスの日、おばけのこどもはどうしてる?
    クリスマスとおばけ。なんだかミスマッチだけれど、そこはせなけいこさん。とてもラバブルな お話を。
    クリスマスです。で、おばけのこどもはどうしてる?  女の子は心配です。だって、誰もおばけのこどものことなど考えないシーズンなのですから。 そこで女の子は、いろいろと準備をします。おばけのためのケーキと、そして懐中電灯、さらに 手編みのセーターと。そうして向かったのは……。
    セーター姿のおばけさんがとても愛らしい絵本です。
    品切れ中
    968円(税込)
  • 心のなかにずっと

    あなたには、子どもの頃、大切にしていたものはありますか?
    ぼうやには、大切にしているうさぎがいました。
    ずっと一緒だと思っていたけれど……
    思い出がやさしく支えてくれる、そんな出会いがあります。

    クリスマスにぼうやがもらったビロードのウサギ。ベッドで一緒に寝るようになって、ふたりは仲よしに。
    大事にされたおもちゃは本物になるという言い伝えを信じたウサギは、自分が本物のウサギだと思うように。
    でもビロードのウサギは実際は古くなる一方で、野ウサギたちには本物じゃないと言われ……。
    いよいよ捨てられることになったその晩、ビロードのウサギに奇跡がおこり……。
    ぼうやにとってのうさぎのように、この絵本も、いつまでもこころに残る贈りものになりそう。

    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • シンプルで、あたたかい!あかちゃんからたのしめます

    「さんさん さんかく さんかくサンタ」からはじまって、さんかく、まる、しかくとリズミカルにくり返しながらすすんでいくので読みやすい。シンプルですが、ことばと絵にあたたかみがあって、読みながらいろいろな想像が広がっていきます。
    あかちゃんからたのしめるクリスマス絵本が少ないなか、ぜひ手にとって読んでみてください。


    さんさんさんかく さんかくサンタ。まんまるふくろの中にもってきた、しかくいプレゼントはなあに? ことばのリズムがたのしく、子どもたちが、まんまるの笑顔になるユーモアがたっぷりつまった絵本。はじめて贈るクリスマス絵本にもオススメの一冊です。

    品切れ中
    1,320円(税込)
  • 雪の上に大きな足あと……いったいだれの?

    ぐりとぐらが、森で見つけた大きな足跡。
    足跡をたどって辿り着いた先は……、なんと、ふたりのおうち!
    ぐりとぐらのうちに、一体、誰がやって来ているのでしょう?

    あの大きな足跡のぬしは?
    少し時間がとれたら、ぐりとぐらのシリーズを、ぜーんぶ読みたくなりますよね。
    「はじめまして」のひとも、「お久しぶり」のひとも。(S.I)

    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • わがやのツリーがいちばん

    クリスマスツリーをつくろうと張り切るねずみくんに、動物たちが自分のツリーを自慢げに見せては大いばり。そこへ、ミニサイズのツリーを抱えたねみちゃんが登場。みんなはちいさすぎると大笑いしますが……。
    人気の「ねずみくん」シリーズ第19作目。

    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • よるくまはサンタさん知らないの?

    よるくまは「ぼく」のともだち。
    よるくまはいいこだから、きっとサンタさんが来るよ。
    でも、いっぱい怒られた悪い子の「ぼく」のところには?
    心配で眠れない「ぼく」と、よるくまの夜のおさんぽ。
    (子どもの本売り場スタッフS.I)

    「ぼくにはサンタさん、くるかなぁ」 悪さをしておかあさんに叱られた男の子は心配で眠れません。そんなとき、「トントン」。ドアをノックして現れたのは、かわいい友だちの、あのよるくまです。よるくまとのたのしい時間を過ごしたあと、あたたかい気分で、安心して夢のなかへ。
    さて、このぼくにサンタさんのプレゼントはちゃんと、届くのかな?

    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • サンタさん、あなたは誰からプレゼントを贈られるの?

    夏が待ち遠しかったり、ちょっとぐちっぽかったり……。
    サンタさんの意外な一面が見られて
    思わずクスッと笑ってしまうたのしい一冊です。
    (子どもの本売り場スタッフY.N)



    「サンタの楽しい夏休み」のきょうだいに当たる絵本です。 br>心地よく海辺で日光浴している夢を見ていたサンタさん。
    目ざましで起こされて、「やれやれ またクリスマスか!」 ぐちぐち、ぶちぶち。 寒いのはきらいですがプレゼントを届けるためには仕方がない。 準備を整え、いざ出発! 
    天気は変わるは、煙突の形もいろいろ。ぶつぶつ文句を言いながらも、役目を果たしてお家で一服。さ、サンタさんのお楽しみはこれからだ。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • これが、クリスマスの魔法

    まずはツリーを用意して、部屋のいちばんいい場所に。
    豆電球や、モール、お気に入りのオーナメント。
    かぞくや友だちとみんなでわいわい飾る楽しさ、
    よろこびに満ち溢れた、美しい絵本。
    (子どもの本売り場スタッフY.I)



    ほんものの木で、とっておきのクリスマスツリーを!
    まずはツリーを用意して、部屋のいちばんいい場所に。豆電球や、モール、お気に入りのオーナメントも準備して。
    かぞくや友だちとみんなでわいわい飾る楽しさ、よろこびに満ちあふれた美しい絵本です。
    ツリーの飾りつけのコツや手入れの方法、もっとたのしむポイントなども紹介されています。観ているだけで、一年中、クリスマス気分に。
    絵本作家ジャーヴィスのイラストで、クリスマスの空気をもりあげてくれます
    1,760円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 前から読む「サンタのいちねん」、後ろから読む「トナカイのおはなし」
    クリスマスまでの1年間、サンタとトナカイは何をしているの?  前から読めばサンタ、後ろから読めばトナカイ、2つのお話が、にくいね、真ん中でつながるユニークなクリスマス絵本。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • クリスマスプレゼントが届かなかったら、どうする!!
    クリスマスといえば、子どもたちにとって最大の楽しみはプレゼントかな? ところが、サンタさんが困ったものを持っている。いたずらっこリスト。そこに名前がある子は、 なんとプレゼントが届かないとか。それがほんとなら、サンタさん、ちょっとひとが悪いなあ。 とにかく子どもたちはリストから名前をはずしてもらおうと、大奮闘。 いたずらっぽい、こんなクリスマス絵本もいいね!
    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 「もりのふゆじたく」「きみのケーキ」「あたたかいおくりもの」3冊のセット絵本。
    動物たちは森でせっせと木の実ひろい。でも、気のいいたぬきは仲間の手伝いばかり。何もひろえずに、疲れはてて家へ帰ってみると……。 「もりのふゆじたく」「きみのケーキ」「あたたかいおくりもの」3冊のセットです。 気のいいやつって好きさ。
    2,310円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • あの名作を、新しい絵で

    クリスマス・イヴは、静かなときめきに満ちた
    魔法の時間です。---大人の目には見えない世界も、
    小さな子どもには見ることができるのですから。
    (by ホリー・ホビー あとがきより)
    (子どもの本売り場スタッフR.B)



    クリスマスの有名なお話として世界中の人々に愛されている「The Night Before Christmas」。
    サンタクロースのイメージはここから生まれたといわれています。
    「トゥートとパドル」シリーズの作者ホリー・ホビーの絵で、現代的で素敵なクリスマスのお話に。
    1,760円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 毎年ありがとうの気持ちを込めて
    クリスマスイブの夜、くつしたを下げて眠りについた女の子。今年は、ちょっと特別。
    だって、サンタクロースにサプライズを用意しているから。その秘密は、靴下の中に……。
    何も知らずにやってきたサンタクロース。「おっ やった!」と、思わず声を出したわけは……?
    受け取るうれしさと、贈るたのしさ。ふたつが出会って、ハッピーなクリスマス!
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • サンタおじさん、ゆっくりやすんでね

    クリスマスイブにプレゼントをくばりに、
    そりで出かけたサンタおじさん。
    ちょっとコーヒーとサンドイッチでひと休み……
    (子どもの本売り場スタッフR.B)



    ちょっとコーヒーとサンドイッチでひと休み……。 かしの木の下でねむりこんでしまったサンタおじさん、そりにはプレゼントを山積みしたまま。 サンタさんはぐっすり。目を覚ましそうにありません。その様子を見た森のどうぶつたちは……。 サンタさんのすやすやを起こしちゃいけないし、でも、このままじゃあ、プレゼントは届かないし。で、どうぶつたちはあることを考えついて、実行に! そりゃね、サンタさんだってたまにゃ、昼寝もしたいよね、忙しいんだから。
    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 見えないものを信じることの大切さ

    8才の女の子バージニアが アメリカの新聞社に手紙を1通出しました。
    「サンタクロースってほんとうにいるんでしょうか?」
    子どもの質問に向き合い真摯にこたえた社説に
    夢と未来がつまっています。
    (子どもの本売り場スタッフY.N)



    ずっとずっと昔、アメリカ合衆国で本当にあった話です。
    8才の女の子バージニアは新聞社に手紙を1通出しました。

    「サンタクロースってほんとうにいるんでしょうか?」

    いまから130年も前のこと、その新聞社は社説でこう答えました。
    「この世の中に、愛や人への思いやりや、まごころがあるのと同じように、サンタクロースもたしかにいるのです……。」
    見えないものを信じることの大切さが、こころの奥にしみわたる……。
    子どもの質問に向き合い、真摯にこたえた名文。反骨と真摯さとやさしさと。メディアにはほしいですよね。

    余談1 バージニア・オハロンが亡くなったとき、米国の多くの新聞が「サンタの友だちバージニア」と報道したといいます。
    余談2 この本にはじめて接したとき、このバージニアはどんな大人になったのだろうと思いました。と、なんと! それの答えになる「サンタの友だち バージニア」が発行されました。
    大人になった彼女は教師になり、晩年は学校に行けない子たちのために病院で教えていた、とか。
    880円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 1914年のクリスマス、戦場での奇跡を描いた絵本

    戦場の最前線から妻に送られた1通の手紙。
    そこに書かれていたのは、クリスマスを戦地で過ごす
    あたたかな兵士たちの交流でした。
    平和を願い、愛する人を想う1冊です。
    (子どもの本売り場スタッフR.B)



    戦場の最前線から、妻に送られた1通の手紙。
    そこに記されていたのは、クリスマスを戦地で過ごす兵士たちの、敵味方を超えた束の間の交流。 1914年のクリスマス。凍てつく西部戦線。一人の兵士が叫んだ。「敵の塹壕に、白旗が!」
    第一次大戦中のクリスマスに、前線各地で起こった実話に基づいた、戦場での「奇跡」を描いた絵本。クリスマスを共に祝った「味方」も、束の間の「交流」に心温めあった[敵]も、最後にたどり着くのは……。 戦争に美談など要らないと思いながら、一瞬の交流に胸を熱くする。
    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • サンタさんだらけ!

    100にんのいろいろなさんたが住む町。
    力を合わせてプレゼントを届け終えたサンタさんたち。
    これからサンタさんたちのおたのしみのはじまりです!
    (東京店子どもの本売り場 N)



    クリスマスはサンタさんにとっても特別な日。プレゼントをくばるだけじゃ終らない。
    プレゼントを配り終わったあとに、シーッ、ヒミツのたのしみがあるのです。
    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • お星さまは見つかるかな?

    エリーちゃんといぬのハリーが、森から運んできたモミの木。
    みんなでクリスマスツリーの飾りつけをしていると、 てっぺんにお星さまがないことに気づきました!
    お星さまをさがすため、森に出かけたエリーちゃん。
    はたして、星は見つかるかな? ひと味ちがったサンタさんにも、ご注目!(S.I)

    エリーちゃんが犬のハリーとモミの木を見つけてくると、家ではうさぎのアリスと猫のヒラリーがあたたかいココアを用意して迎えてくれました。 ココアを飲んでひと息入れたら、ツリーの飾りつけを。でも、てっぺんに飾る星がない!? エリーちゃんは星を探しに、また外へでかけたところ……。ココアもホット、こころもホッ、と温まる絵本。

    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • フィンランドから。サンタの1年間を描きます
    サンタクロースの国フィンランドの作家クンナスが描くサンタの1年間の暮らし。 そうです。サンタクロースは12月というひと月の中だけで暮しているわけではありません。 遠い北のはずれの山のふもとに、サンタと共に暮しているのは、数百人の小人たち。 12月以外の月でも、彼らは世界中の子どもたちからの手紙を整理したり、おもちゃや本のプレゼントをつくったりと大忙し。 精密に丁寧に描かれた絵。ページのすみずみまでたのしめます。
    見逃さないで、隅っこまで。
    1,980円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • バーバ一家と南の国の鳥との心温まる話
    バーバパパ一家へのクリスマスプレゼントは、南の国の鳥でした。寒いのが大のにがてのその鳥のために、みんなは家の中を暖めるのに大さわぎしますが……。
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • シンプルな絵と文で、わかりやすく伝えます
    サンタクロースにプレゼント、ケーキにツリー……、年に一度のクリスマスを、こころからたのしみにしている子どもたちへ。 うさこちゃんでおなじみのディック・ブルーナが、世界中で祝われるクリスマスの本当の意味を、やさしく描いた絵本です。クリスマスってなあに? にやさしく答えてくれます。
    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • クリスマスツリー型の絵本
    サンタさんは、おおいそがし。だって今夜はクリスマス・イブ、子どもたちがまっているから。 サンタと小びとたちの楽しい1日が、なんとクリスマスツリー型の絵本になりました。 「こんな絵本みたことない」と世界に衝撃を与えた1冊の日本語訳が登場。

    写真は、中面です。

    715円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • みんなが幸せであるように……という願いが伝わってきます。

    クリスマスが近づいたある日、ウィロビーさんの大きな大きなお屋敷に届いたのは、とてつもなく大きな大きなクリスマスツリー!
    さっそく飾りますが、大きすぎてツリーの頭が天井につっかえちゃう。そこで、先っぽをちょんと切ると、ちょうどいいサイズに。
    切られた先っぽは、どうなるの? しかしそこでも先っぽを切られ……。
    大きなツリーからカットされたそれぞれの「先っぽ」が次々に誰かのツリーになっていく様子に、ほっ。うれしくて思わず笑顔になります。

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

件数:138

最近チェックした商品履歴を残さない