桃の節句の絵本

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:7
  • ますだ&たちもとのコンビで贈るシリーズ、ひなまつりのお話
    おひなさまが冒険をはじめたから、さあ、たいへん!
    増田裕子さん、たちもとみちこさんによる行事絵本シリーズ。 男の子もいっしょにあそぼ!
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • いきいきとあそぶ、おひなさま
    森の近くの家の蔵に住んでいるねずみばあさんのところに、のねずみたちから「森のひなまつりをしたいので、おひなさまを森に連れてきて下さい」という手紙が届きました。 そこで、ねずみばあさんはおひなさまといっしょに森に出かけました。森でおひなさまたちは動物たちと歌ったり、踊ったり楽しく過ごしました。ところが、帰り道で、雪が降り始め、蔵に戻ったおひなさまたちはすっかり汚れてしまっていました。さあ、大変!
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 作ってみたくなる、たんぽぽのおひなさま
    1,980円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 親子で一緒にちらしずしをつくろう!
    ちらしずしのつくり方が、ストーリー仕立てでわかりやすく紹介されています。
    乾物のもどし方から、さやえんどうの筋の取り方、すし飯のつくり方まで。
    この一冊があれば、ちらしずしづくりにたのしくチャレンジできます。
    今度の日曜に作ってみよう。ひなまつりの予習、です。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • この絵本で、行事の由来と行事食の作り方がわかります。
    3月3日のひなまつりは、女の子の成長と幸せを願い、祝う日です。
    きりちゃんは、おばあちゃん特製の「ひなちらし」などを手伝いながら、おばあちゃんの話しを。ちらしずしや潮汁、ひしもちなど、ひなまつりの行事食に込められた意味を教えてもらいました……。おばあちゃんといっしょに行事食を作る絵本シリーズ。
    巻末に料理研究家・堀江ひろ子さんのレシピ付き。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ひなまつり・春一番・啓蟄・東日本大震災・雪形など
    たくさんの絵とともに、行事の由来をわかりやすく紹介する行事絵本の決定版!子どものかかわる祭り、二十四節気や日本の自然、草花あそびや工作など季節の楽しいあそびを紹介。あの角の向うに春が控えた3月に。
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 昔の人々の素朴な風習を想像しながら、ひな祭りを。
    ひな祭りは、人形にけがれを移し、その年の無事を願う行事。 紙でつくっていた人形を流しびなにし、時代を経て精巧な人形になり、さらに段飾りに……。ひなまつりにおひなさまをかざるわけ、行事の由来を紹介する絵本。 庭先の桃の枝。蕾が弾けそうなほどふくらんでいます。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

件数:7

最近チェックした商品履歴を残さない