詩・ことば

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンなし)
1列(カートボタンあり)
件数:66
  • 現代を代表する詩人の名回答のかずかずを しみこむように味わっていただける珠玉の一冊です。

    どうやったら後悔しない生き方ができる?」「失恋で得たものってなに?」など、さまざまな読者の質問を、日本を代表する詩人の谷川俊太郎さんがこたえてくれるシリーズ。
    ときにハッとさせられ、ときにじわっとこころに沁みわたるこたえがいくつも集まり、星空のようにあわくやさしく輝く一冊。

    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 愛蔵版詩画集。誰にも訪れる、愛する人を失うという経験……

    長田弘の「絆」の詩篇に、クリムトの樹木と花々。人生のなかでときに訪れる悲しみに、静かにそっと寄り添う、とてもやさしくあたたかい詩画集です。
    収録/『花を持って、会いにゆく』『人生は森の中の一日』

    「すべての、それぞれの愛するひとを見送ったひとに」 落合恵子(本書/帯より)
    ----母を見送った季節が、まもなくやってくる。喪失の悲しみをいやすことはできないし、その必要もないと考えるわたしがいる。なぜならそれは、まるごとの、そのひとを愛したあかしであるのだから。悲しみさえもいとおしい。けれども、どうしようもなく、こころが疼くとき、長田弘さんの、この、ふたつの「絆」の詩を声にだして読む。人生に余分なものは何ひとつない、と。----




    どこにもいない?
    違うと、なくなった人は言う。
    どこにもいないのではない。

    どこにもゆかないのだ。
    いつも、ここにいる。
    歩くことは、しなくなった。
    ----本書より----

    3,080円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 年輪のように人生を重ねて

    詩人・谷川俊太郎さんによる、家族をテーマにした詩集。
    バウムクーヘン(木の年輪を模した焼き菓子)のように、何層にもなって記憶の底に眠っていた幼い頃の心象風景に再会するような、懐かしい感覚が呼び覚まされます。
    朝に一篇、昼時のカフェでいくつか、眠れない夜に……。
    ふっと手を伸ばして、味わってみたい詩が26篇収録されています。
    表紙の装画は『ちいさなうさこちゃん』でおなじみのオランダの絵本作家、ディック・ブルーナによるものです。

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 大人にも人気の絵本です

    古くから使われつづけてきた「ことわざ」と、五味流の現代的解釈による新しい「ことわざ」。それぞれ見聞きで、その意味や使われ方を紹介。片ページ紹介した上で、もう片ページで、再創造の冴えを見せている。
    古くから使われてきたがゆえに、子どもにとって馴じみにくいことわざを、今の子どものくらしにとけ込ませて再創造したところが面白い。たとえば、「船頭多くして船山にのぼる」は、「主役ばかりじゃ芝居にならぬ」……というように。イラストによる表現は、いっそう「ことわざ」のもつ、意味や意義をきわだたせている。

    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 谷川さん自身が厳選した173篇を収録
    770円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 思わず笑える!うなずける!

    前作『ことわざ絵本』同様に、旧来のことわざと五味解釈による、現代版ことわざ100項目収録。
    ユーモラスなことばの“落差”によって、いっそう、その意義や意味がきわだつ。

    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 谷川さんが一問一答
    1,571円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • くり返し何度でも読みたい「こころの詩」12 編
    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • このちいさな一冊に、子どもたちの「かがやき」がいくつも、いくつも……

    アフガニスタン、ブラジル、レバノン、エルサルバドル、コソボ……。写真家、長倉洋海さんがとらえた、子どもたちの一瞬の無垢な輝き。詩人の谷川俊太郎さんが、一枚の写真にひめられた希望をことばにすくいあげました。
    一枚一枚の写真を見ていると、まっすぐな視線が持つちからをしみじみと感じます。同時に、そのちからの美しさに気づきます。ひとってこんな美しかったんだ、となんだかうれしくなってきます。

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 中学の国語教科書にも作品が紹介されている現代詩人・長田弘の選詩集。
    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 言葉による深呼吸
    1,980円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ポケットにしまっておきたい詩が33篇

    宮沢賢治さん「雨ニモマケズ」、茨木のり子さんの「自分の感受性くらい」、石垣りんさんの「表札」、谷川俊太郎さんの「みみをすます」ほか。
    小さなポケットの中に、そっとしまっておきたいような、時々は誰かと話しながら指先で触れてみたいような詩がこんなに!

    1,376円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • イソップ童話を題材にした谷川俊太郎さんの書き下ろし詩集
    イソップ童話を題材にした谷川俊太郎さんの書き下ろし詩集。
    おなじみの童話が30篇の「いそっぷ詩(うた)」に生まれかわり、「イソップさん」という序詩も。
    ユーモアとナンセンス、ちょっとブラックで残酷な物語展開にドキッ。
    七五調の日本語の調べは声に出して読みたくなり、子どもから大人まで楽しめます。
    1,980円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 谷川さんから、子どもたちへのメッセージ
    谷川さんから子どもたちへのメッセージ。「すき」「ひとつのほし」「はみ出せこころ」など,全48編の書き下ろし詩集です。
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 小さきものに愛情をそそぎ、はなくそから宇宙まで、やさしい言葉でユーモラスに本質を語る詩人 まどさん
    小さきものに愛情をそそぎ、はなくそから宇宙まで、やさしい言葉でユーモラスに本質を語る詩の世界を味わってみよう。
    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 子どもからおとなまでたのしめる詩集です

    「おかあさん」「きぼう」「たぬきのたまご」3つのテーマでそれぞれに詩が収められています。 くすっと笑ってしまうたのしい詩や、やさしいことばで書かれた詩に、すっと気持ちが引き込まれます。
    現実の世界を忘れて別の世界に連れて行ってくれるけど、いつの間にか、さらっとまた元の世界にもどされる。自分のこころをふり返る時間をつくってくれる心地よい作品たちを、たのしんでください。

    1,760円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • まど・みちおさん100歳を記念した詩集
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 日々をたしかにいきていく
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • すぐれた詩人の名詩を味わい、作品理解を深める解説を付した名詩入門シリーズ。
    すぐれた詩人の名詩を味わい、作品理解を深める解説を付した名詩入門シリーズ。 第1巻は宮沢賢治。 初期の「屈折率」から晩年の「雨ニモマケズ」まで、年代を追って変化する詩風を堪能してください。
    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • にほんごのたのしさおもしろさを、子どもたちに伝えます
    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 親しみやすい選集、珠玉の60編。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 谷川俊太郎、佐野洋子と愛を詠う
    谷川俊太郎、佐野洋子と愛を詠う
    あなたの手に触れる前に/魂に触れた─詩人と画家の奇跡の出逢いが生んだ36篇の愛のうた。ながらく絶版となっていた伝説の詩集が、瑞々しい英訳とともに復刊。大切な人へのギフトに最適の一冊。
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 100歳をむかえたまど・みちおさんのことばたち

    まどさんのことばの、なんと瑞々しいことか。まるくて、くすぐったくて、やわらかくて、弾力性があって……。一体、何にたとえたらいいのだろう。
    本種は、「ぞうさん」の詩人として愛される、まど・みちおの100歳を記念した新作詩集。周囲への愛情あふれる世界はますます魅力的に深く、広く。

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 小学生に暗唱して欲しい日本の詩歌166篇
    昔、「百人一首」や「いろはかるた」を子どもたちが覚え楽しんだように、私たちの国の古い詩、たとえば『万葉集』からつい最近作られた新しい詩まで、覚えて声にすると心が弾むような詩歌を、子どもたちの手に渡すことはできないだろうかと考えたのが、この企画の第一歩でした。それができれば、奈良時代以前から、千数百年におよぶ詩歌の伝統に培われてきた、私たちの国の言葉が持っている美しい響きや調べを、理屈を学ぶはるか以前に自ずと体験できるはずだと、そう考えました。読者対象を主に小学生にしたのは心も頭も柔軟なこの年齢の子どもたちこそ、詩歌を諳じるにふさわしいと考えたからです。
     全体を三部構成とし、詩と俳句と短歌が繰り返し重曹的に出てくるようにしました。詩を選んでくださったのは、子どもの本の世界でも多くの仕事をしている五人の詩人の方々です。柚木沙弥郎さんの挿絵とともに存分に詩の世界を楽しんでください。
    2,640円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

件数:66

最近チェックした商品履歴を残さない