児童書・書籍

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:3040
  • 未来の子どもたちに、原発のない世界を
    815円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 月にまつわるあれこれを、短いことばでまとめました
    3,080円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 愛され続けるふたりのかえる

    いつだってなかよし! 40年以上にわたり愛され続ける「がまくんとかえるくん」のシリーズ。

    4,180円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 好きな食べもの、どれとどれ?

    おいしそうな食べものたちのイラストが魅力の、歌ってたのしいロングセラー絵本『あっちゃんあがつく』と、絵本の世界そのままの「たべものかるた」のセット。
    かるたは、まだ文字が読めなくても、食べものの絵をたよりに札をとることができるので、ちいさい子にもおすすめです。

    4,180円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 自分で読むのがたのしくなった子たちへ

    ある日、ひつじのモコモコちゃんがいなくなってしまって、園長さんは大あわて。
    どこへ行っちゃったの? 動物園から家出した先は、なんと町のセーター屋!?
    どうやらモコモコちゃんには、言いたいことがあるようです。
    さて、園長さんがとった行動とは?
    園長さんといろんな動物たちのゆかいなおはなし「アイウエ動物園」シリーズの1作目。
    さしえもたのしめる幼年童話です。

    4,950円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • センダック自身による評論
    センダック自身による32の評論や談話。
    品切れ中
    3,300円(税込)
  • 大人のための絵本とは
    絵本を子どもだけのための書物としてではなく、大人にも深い影響を与えうる新しいメディアとしてとらえる。「絵本・児童文学研究センター」主催、第五回文化セミナー「絵本の可能性」の講演・討論をまとめる。
    2,200円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました


  • 20年も前から新書の執筆をお願いしていた井上ひさしさんが、昨年4月に肺がんで他界。嘆いているだけではいけない、なにかカタチにできないか、と考えて企画したのが、この本です。宮沢賢治、吉野作造らの生き方を熱く語った講演。チェーホフの意外な側面を描いた文章。それぞれ印象深い内容ですが、中でも「笑いについて」は、とびきり愉快です。そこに引かれたアリストテレスの1文には、思わず誰もが吹き出してしまうでしょう。 (岩波書店 坂巻克巳)
    品切れ中
    1,430円(税込)
  • 大人にとっての絵本とは
    大人にとって絵本を読むこととは?絵本の豊かな世界は、生きることをいかに深く問いかけるのか。人生の体験を経た大人だからこそ発見できる絵本の読み方をわかりやすく説き、現代人の心の糧を探す。
    品切れ中
    1,760円(税込)
  • 持続する怒りを温めて、けれど丁寧に暮らしていこう――「反原発」をテーマにしたエッセイ集です。
    天災の上に、いくつ人災を重ねようというのか。
    いのちを脅かし続けて、なぜまだ原発?

    政府・東電・経済界の対応に、著者お気に入りのヘアスタイルはますます逆立ち、怒髪天をつくがごとく。大事にしたいのは一人ひとりのいのちや当たり前の暮らし。それを守るため疾走してきた著者の、温かくパワフルなエッセイ集。

    ●著者
    落合 恵子(おちあい けいこ) 一九四五年、栃木県生まれ。作家。子どもの本の専門店「クレヨンハウス」と女性の本の専門店「ミズ・クレヨンハウス」、オーガニックレストラン等を、東京と大阪で主宰。「月刊クーヨン」発行人。
    1,760円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 新発見の高校時代に書かれた詩集.自ら詩集として編集し,少年の孤独やロマンを描く本書は,寺山観を決定的に変えるだろう.
    寺山が中学・高校時代に書いて、自ら「秋たちぬ」とタイトルをつけた未発表詩集です。レイアウトやカットまで手がけた見事な才能は、複写したノートの紙面を見ていただければ一目瞭然。これまで俳句・短歌から出発したと考えられていた寺山の、若々しいけど虚構を含み、すでに「寺山修司」である詩の言葉を味わってください。寺山ファンならずとも、文学に関心ある読者には必読の書です。 (岩波書店 樋口良澄)
    品切れ中
    1,760円(税込)
  • 親友・山田太一に宛てた,寺山修司の幻の書簡! まだ何者でもなかった青年たちの,現在進行形の青春物語.
    多彩な活動で知られる寺山修司さんと脚本家の山田太一さんは早稲田大学の同級生でした。大学二年の時に寺山さんが入院して以来、ふたりは頻繁に手紙を交わします。それら未発表書簡を関連資料と共に書籍化しました。主な話題は膨大な読書。病や恋をめぐる煩悶のほか、砂川闘争に関する議論も。稀有な才能の萌芽期の記録であるだけでなく、読者の想像を駆り立て読ませる友情と青春の物語です。山田さんの書き下ろしは、その一篇のみで名エッセイです。(岩波書店 渡部朝香)
    品切れ中
    1,870円(税込)
  • 吉村昭と歩んだ50年.夫も,妻も,ただ,書くことを利己的に追い求め続けてきた.夫婦作家の修羅と豊饒の道.
    『流星雨』『智恵子飛ぶ』など、時代を超えて女性の姿を描き続けてきた津村節子さん。夫は、2006年7月に亡くなった作家の吉村昭さんです。『ふたり旅』は、40年以上にわたる津村さんの作家人生を、生い立ちからたどり、吉村さんとの歩みと別離までをふり返った自伝です。夫婦作家であることの励みと喜び、そして、書くことへの利己的な追求という修羅の道のりは、おふたりのファンのみならず、夫婦の姿として普遍的な共感をもたれるものです。 (岩波書店 清水野亜)
    2,090円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 未発表作品を中心に編んだ最新詩集。
    「明日の予定は分かるが 未来は思い描けない 先立つ者が残す眼に見えぬものを 嬰児は継いでくれるのだろうか」(「冥土の竹藪」)――だが「言葉は今も未来に向かおうとする」(「ルネ」)。第一詩集『二十億光年の孤独』から六十余年、休むことなく詩を書き続けてきた詩人の、未発表作品を中心に編んだ最新詩集。
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 戦前、戦中、戦後を生きた、光吉夏弥さんの生涯

    『はなのすきなうし』、『ひとまねこざる』(ともに岩波書店)など、いまでも読み継がれる海外のロングセラー絵本を翻訳された光吉夏弥さん。児童文学に携わる前は、パリ万博や観光業などの仕事をされ、ロシアなどの海外絵本の収集や、バレエなどの舞踏評論、写真評論でも活躍されていました。 本作では、1942年に『花と牛』として出版された絵本が、いまに知られる『はなのすきなうし』というタイトルで1954年に出版された際に、どのように訳文が変わったのか? など、光吉夏弥さんの仕事をていねいに紹介。ひとりの翻訳者の仕事から、日本の絵本の発展の歴史も紐解きます。

    2,420円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 古い洋館にそびえる時計塔と、謎多き絶世の美女。宮崎監督が波乱万丈の怪奇大ロマンの世界へと読者を誘う。
    2,200円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 中立国に住む子育て中の女性がとらえた戦争と家族の日常.
    3,850円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 明治から平成まで,逆境に立ち向かってもしなやかに自らを貫き時代を生き抜いた,17人の「気風のいい」女たち
    逆境に立ち向かっても辛さ苦しさをひとに見せず、潔くしなやかに自らを貫く。そんな「きっぷ」(気風)のよい生き方とは? 気風を評価基準にして、女の生き方をながめてみたら? 樋口一葉、与謝野晶子、和田英、相馬黒光、沢村貞子、谷洋子ら、明治から平成にかけて信念をもって時代を生き抜いた17人の女たちのひたむきな人生やこころのあり方を、まさにご本人こそ気風のいい森まゆみさんが描き出し、いまを生きるうえで大切なものは何かを探る評伝エッセイです。(岩波書店 木村理恵子)
    品切れ中
    2,090円(税込)
  • 『せいめいのれきし』の見どころを説き明かします
    1964年から読み継がれてきたバージニア・リー・バートンの名作絵本『せいめいのれきし』。
    地球が生まれてから、いまこの瞬間まで続く、長い長い命のリレーを、お芝居になぞらえた絵本です。
    2015年刊に半世紀ぶりに改訂された版を監修したのが、恐竜博士の真鍋真さん。
    『せいめいのれきし』の見どころを、隅ずみにまで描き込まれたしかけとともに説き明かします。
    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 物語に描かれたお菓子やハーブを取りあげながら,イギリスの児童文学11作品にせまる,ユニークな児童文学案内.レシピ付き.
    1,980円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • あなたのことをよく知っている リーダーとは

    『岸辺のヤービ』(福音館書店)をはじめ児童書も多数執筆されている梨木香歩さん。このほど、梨木さんの講演会をもとにしたエッセイが発売されました。「同調圧力」やことばの使われ方など、最近の気になることをテーマにして、いまの時代を生き抜くヒントを伝えます。それは、自分の気持ちに真剣に向き合い、客観視することで、進む道を示す「リーダー」を自身の中にもつこと。悩み多き10代の若者たちへ向けた、明日への活力をもらえる一冊です。

    品切れ中
    1,320円(税込)
  • 手づくりの服で注目される著者が歩んできたおしゃれの迷い道。社会やわたしにとっての服の意味を探る。

    行司ぎょうじ千絵さんは、新聞記者ときどき服をつくるひと。着るひとのこころとからだに沿った行司さんの服は、雑誌で特集されるなど評判です。本書は、服のつくり手であり、ジャーナリストであり、おしゃれについて悩みたのしんできたひとりの女性である、行司さんならではの1 冊です。服の素材、つくられ方、装いから見える、時代、社会、そして個人。わたしたちに不可欠な服について、あらためて考えてみませんか?(岩波書店 渡部朝香)

    1,980円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 恐怖のイタチに立ち向かう

    斎藤惇夫さん原作『冒険者たち ガンバのと15ひきのなかま』は、1972年に国際児童年特別アンデルセン賞優良作品に選出され、その後『ガンバの冒険』としてテレビアニメ化、劇団四季でも上演されるなど、世代を問わずに人気の作品。アニメ、演劇、映画の世界で映像化されているのは、斎藤惇夫さんの原作に、l魅力があるからこそ! いま一度、心躍る冒険物語を読み直したい!

    白イタチのノロイとたたかうねずみたちを助けに、町ねずみのガンバは、個性的な仲間とともに海へと旅立ちます。何度も危険な場面に遭いますが、ちいさなからだからあふれるほどの勇気と知恵で立ち向かうガンバたち。こころおどる冒険に、ページをめくる手が止まらない! 
    薮内正幸さんの描く、表情豊かな動物たちにも注目です。

    【ガンバの冒険シリーズ 】
    勇敢なドブネズミのガンバとその親友たち、どうもうな白イタチのノロイ、いちずに故郷をめざすリスのグリックとのんのん、そして種族絶滅の恐怖におびえながら明るくふるまうカワウソのカワモ――これらの魅力的な動物たちが、つぎからつぎへとくりひろげる、胸おどる大冒険シリーズ。

    1,980円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ゆくえ不明のネズミをたずねて四の島に向かったガンバと仲間たちは,絶滅したはずの2ひきのカワウソを見つけました.そして狂暴な野犬と戦いながら,伝説の河「豊かな流れ」をめざします.
    ゆくえ不明のネズミをたずねて四の島に向かったガンバと仲間たちは、絶滅したはずの2ひきのカワウソを見つけました。そして狂暴な野犬と戦いながら、伝説の河「豊かな流れ」をめざします。

    【ガンバの冒険シリーズ 】
    勇敢なドブネズミのガンバとその親友たち、どうもうな白イタチのノロイ、いちずに故郷をめざすリスのグリックとのんのん、そして種族絶滅の恐怖におびえながら明るくふるまうカワウソのカワモ――これらの魅力的な動物たちが、つぎからつぎへとくりひろげる、胸おどる大冒険シリーズ。
    2,684円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

件数:3040

最近チェックした商品履歴を残さない