エルマーとりゅう

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:6
  • おかあさんも、おとうさんも、夢中になった

    心優しく勇気ある少年エルマーは、ある日、助けた老猫から、どうぶつ島で捕らえられ、虐げられている「りゅう」の話を聞きます。
    エルマーは、厳しい母親に見つからないように周到に旅の用意をし、船の積荷に紛れ込んで、「りゅう」を助けるために、どうぶつ島へ出発!
    次々に訪れるピンチを、チューインガムや、歯ブラシ、虫めがねなど、身近な道具を使い、知恵と勇気でくぐり抜けるエルマーの大冒険。
    ページをめくる手が止められなかった読者も多いのではないでしょうか。
    はじめて日本で翻訳刊行されたのは、1963年。
    以来、家庭だけでなく園や学校などでも、絵本とはひと味ちがった、耳で聞く物語として、また、はじめてひとりで読む本としても、愛され続けています。

    作者のルース・スタイルス・ガネットさんは、大学で化学を専攻。
    医学や放射線の研究所で働きますが、数ヶ月で退職。
    その後、書き始めたのが、この『エルマーのぼうけん』です。
    そんなガネットさんの子ども時代や、『エルマーのぼうけん』を出版した経緯、その後7人の娘の母親となるまでの半生が、『「エルマーのぼうけん」をかいた女性 ルース・S・ガネット』に詳しく書かれています。
    ぜひ、合わせてお読みください。
    訳者のわたなべしげおさん、作家としてもすぐれた作品を残しておられます。
    ずっと以前、クレヨンハウスによく見えてお声をかけてくださいました。

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 「エルマーのぼうけん」シリーズの世界がすごろくになりました
    エルマーが冒険をしたみかん島とどうぶつ島がすごろくの舞台。まるで古い地図のような盤面が冒険心をくすぐります。「ぴょんぴょんこいわ」や「なきべそのさい」など途中の重要なポイントでは「ぼうけんカード」をひいて指示にしたがったり、エルマーの持ち物、「むしめがね」、「りぼんとくし」、「チューインガム」などの「どうぐカード」を手に入れて危機を乗り越えたりと、物語に関連づけたお楽しみがいっぱい。らいおんのたてがみを直したり、とらにチューインガムをあげたりと、本を読んだことのあるひとなら覚えのあるユニークな動物たちとの出会いも。誰がいちばんにりゅうを救いだせるか? おとなも子どもも夢中になって遊べる冒険すごろくです。
    620円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 絵札のなかの冒険物語にもとりこになってしまいます
    すべての札に違う絵柄が描かれた、ぜいたくなトランプ。
    「エルマーのぼうけん」シリーズのシーンが描かれた札は、なんと一枚一枚違う絵柄。
    並べるだけでも美しく、見ごたえがあります。
    札の中でくり広げられる冒険物語にこころをうばわれて、ゲームを忘れてしまうかも……!?
    605円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ロングセラーの冒険ものがたり。エルマーのお話の完結編。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ロングセラーの冒険ものがたり。はじめて「自分で」読む、幼年童話としてもおすすめです。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 3冊セットで贈りものにどうぞ
    3,960円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

件数:6

最近チェックした商品履歴を残さない