ジェンダー・フェミニズムの本

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:62
  • 2,200円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 将来の夢に、無理ってあるのーー? 女性のすし職人・春原さんがつなぐ、勇気と未来への一歩のおはなし。
    1,485円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 女性の身体にまつわるタブーよ、くたばれ!
    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました


  • 「おれ・あたし」や「・・・ぜ・よ」など、日本語には性が刻まれています。本書ではアイデンティティをつくる材料としてのことばという視点から、ファッション誌や恋愛小説、迷惑メールなどの文章に溢れる「女/男ことば」に切り込みます。たとえば少女が、ときに自分を「オレ」と呼ぶのはなぜか。批判されがちな若者のずれた言語行為に、多様な自分らしさを表現する創造的な試みを探ります。開かれたことばへの道を示す日本語論! (NHK出版 井本光俊)
    品切れ中
    1,067円(税込)

  • 女性探偵V・I・ウォーショースキー・シリーズで知られる著者が、その知られざる生い立ちと、自らの信条を語るエッセイ集。厳格な両親と4人の兄弟とともに育った幼少時代、マーティン・ルーサー・キングとの出会い、V・I誕生秘話などに加え、日本版にはオバマ政権後の米国社会についての新章を加えています。どんな圧力にも屈せず、権力に立ち向かう彼女の姿勢は世代を超え、国境を越えて深い共感を呼ぶことでしょう。 (早川書房 千田宏之)
    品切れ中
    1,980円(税込)

  • これまでの歴史書の多くは男中心の歴史として書かれたものがほとんどである。本書は、歴史認識においてジェンダー視点をもち、その視点から戦後史を捉えなおすと、どんな課題があるかを解明した意欲的力作。憲法、教育、労働運動、性とセクシュアリティ、地域社会、戦争の記憶、平和構築、人間関係論の8つのテーマを定め、それぞれに内包されるジェンダー問題とは何か解明する。各専門分野の第一線研究者による学際的研究の成果。 (大月書店 松原忍)
    品切れ中
    2,860円(税込)
  • 3,080円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • あの夢は、私の初めての過激な行為だった
    品切れ中
    2,750円(税込)

  • 本書は、「男の娘(おとこのこ)」という、若者を中心にした女装カルチャーとト* ランスジェンダーの現場を取材したノンフィクション作品です。日本最大の女装イベント、コスプレ女装男子、そして女性として日常を送る「埋没系」の人々……。彼(女)たちが語るそれぞれのライフヒストリーは、驚くほどに多岐にわたる<<性>>の多様化と細分化のグラデーションを描きます。3年に及ぶ綿密な取材で肉薄した読み応えある一冊です。 (河出書房新社 吉住唯)
    品切れ中
    2,200円(税込)
  • 大正・昭和、乙女たちの絶大な支持を受けた作家・吉屋信子。再評価の呼び声高い、彼女の全貌を解き明かす一冊! 嶽本野ばらロングインタビュー、田辺聖子等のエッセイ、論考、多数収録。
    大正・昭和をペン一本で生き抜いた作家・吉屋信子。美文で綴った少女小説から家庭小説、時代小説、ノンフィクションまで、弱者であった女性に対して肯定の姿勢を貫いたその作品たちは、当時の女性に勇気を与えたいへんな人気を博しました。本書には、田辺聖子さんや瀬戸内晴美さん、同時代作家等によるエッセイ・論考、嶽本野ばらさんのロングインタビュー、さらに当時の対談や短篇アンソロジーなどを収録。吉屋信子の素顔に迫った一冊です! (河出書房新社 中山真祐子)
    品切れ中
    1,650円(税込)
  • 女性俳人・鈴木しづ子は句集『春雷』『指環』を遺して昭和27年、失踪。赤裸々な性愛と生活の軌跡を詠んだ彼女の真実を徹底追跡。対談=江宮隆之×川村蘭太他。
    鈴木しづ子は、生きていたら90歳。『春雷』『指環』の2冊の句集を遺し、1952年、消息を絶ちました。女子大受験に失敗、製図工になり、俳句に目覚める。恋人が戦死、同人の大学生と恋愛、職場結婚、堕胎、離別、岐阜に流れてダンサーに、アフリカ系米兵と同棲、死別、失踪……、という人生を句にしました。謎の全貌に迫ります。代表句「夏みかん酢つぱしいまさら純潔など」をタイトルにした句集(帯推薦=椎名林檎)も刊行中です。 (河出書房新社 西口徹)
    品切れ中
    1,650円(税込)

  • ”きれい”とは何でしょうか? 昨今のダイエットブーム等にみられるように、多くの女性たちは、その社会や文化のなかで美しいとされる価値にひきずられ、縛られがちです。本書は、哲学、文化人類学、美術、舞踏、メディア論、運動科学などの視点から多角的に考察。美の基準は時代や地域によって異なる相対的かつ流動的なものであることを明らかにし、各人が規範から自由な、自分らしいきれいを表現しうる社会や文化のあり方を考えます。 (勁草書房 松野菜穂子)
    品切れ中
    2,420円(税込)

  • シモーヌ・ヴェーユは厳しいひとである。純粋で、嘘偽りのない彼女の言葉は、火傷しそうなくらい熱く、本を何度も落としそうになった。低温の僕は彼女の思想になかなか馴染めなかった。しかし、諦めかけた、そのとき、ヴェーユの言葉はふっと落ちてくるのである。耳馴染みのいい言葉にほとほと疲れてしまった、女性にも、男性にも、彼女の混じりけのない澄みきった言葉は、慰めになるのではと思って、本書を刊行しました。 (春秋社 山田兼太郎)
    品切れ中
    2,750円(税込)

  • グレン・グールドの音楽的思想(北志向)への関心から出会ったカナダの女性画家のドキュメント。「女には描けない」という偏見に打ち勝ち、独自の画風を確立するまでの悪戦苦闘の姿が眩しい。まさに気骨のひとである。繊細にしてタフな女性の生き方に学ぼう。エミリーが到達した新しい芸術の境地を読者に直接わかってもらえるよう、日本版では代表作8点をカラー図版に収めた。一度 観たら忘れられない強烈なメッセージを受け取るに違いない。 (春秋社 高梨公明) K.ブレイド/著 上野眞枝/訳
    品切れ中
    2,200円(税込)
  • 魔女狩りと聖女崇拝-なぜ同時期に人々を熱狂させたのか
    中世以降、西洋では無数の罪のない女性たちが魔女として殺害されました。しかしそれと全く同時期に「聖女」として崇められる女性も急増します。迫害するにせよ、礼賛するにせよ、定型化されたイメージによって女性が翻弄された時代。でも本当に怖いのは、そうした女性のステレオタイプ化が決して過去の問題ではない、と本書を読んで気づかされる瞬間です。その暗い過去から私たちは何を学べるのか。考えさせてくれる一冊です。 (筑摩書房 平野洋子)
    品切れ中
    1,210円(税込)
  • コーランにもとづく、「服従」しないための療法。イスラムの聖典をひもときながら男女平等を説き、セクシュアリテの封印を解く!

    セックスやジェンダーの問題に悩む女性に、コーランにもとづく「服従しないための療法」を! イスラムの聖典をひもときつつ男女平等を説き、セクシュアリティの封印を解くこの本は、多様性を抱えた患者の生に寄り添います。フランスで人気の性セ クソローグ科学医による自伝的エッセイ。「女は男の服であり、男は女の服である。」というコーランの言葉をもとに、名久井直子さんに装丁を手がけていただいたところも注目ですよ。(白水社 和久田賴男さん)

    2,420円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 2018年5月、ひとつのニュースが世界中を駆けめぐった。今年のノーベル文学賞は発表中止―。

    2018年、世界を駆けめぐったノーベル文学賞発表中止のニュース。きっかけは、賞の選考機関スウェーデン・アカデミーの会員の夫が、性暴力常習犯であったことをスクープした、本書著者の記事でした。その報道までの奮闘とその後の影響を描いたのがこの本です。スウェーデンですらまだ残る構造的な女性差別。長年、性暴力と性差別に沈黙を強いられてきた女性たちが声を上げる姿は圧巻です。 (平凡社 岸本洋和さん)

    2,530円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました


  • 第二次大戦中、女性画家たちが戦争画を描いたことはあまり知られていません。本書は長年この分野の研究に取り組んできた著者が、図版を多用しながらわかりやすく解説しています。とりわけ注目したいのが女性画家の制作集団「女流美術家奉公隊」の《大東亜戦皇国婦女皆働之図》。3メートルほどにもなる大作で、現在は靖国神社と筥崎宮が所蔵しています。戦後70年を迎える今年、美術を切り口に戦争を考えてみてはいかがでしょうか。 (平凡社 平井瑛子)
    品切れ中
    924円(税込)

  • 西欧における日本女性のイメージを形成した大きな原因のひとつが、オペラ「蝶々夫人」にあることはよく知られています。本書は、ロティの「お菊さん」をはじめ、蝶々夫人の系譜につらなる6つの作品を読みなおし、サイードのいう「再構成と繰り返し」の過程をたどって、男と女をめぐる固定概念のまやかしを明らかにしてゆきます。オペラ好きの著者とともに、その舞台を楽しみながら(あるいは腹を立てながら)、ジェンダーの本質と構造に迫る好著です。 (法政大学出版局 秋田公士)
    品切れ中
    2,420円(税込)

  • 母親の幼児虐待、消えた高齢者、言葉の壁に苦しむ外国人親子……近年、家族をめぐる事件が噴出しています。「家族は社会の縮図」――家族を分析すれば、社会の実態が見えてきます。本書では、新聞記事や映画など身近な素材とデータをもとに、家族が抱えるリスクの現状と対策を分析、考察します。講義ノートと学生の反応エッセンスを振りかけた、人間と家族、そして自己の生き方を見つめる1冊です。
    品切れ中
    1,980円(税込)

  • 最近フェミニストに元気がないような気がするが、どうだろうか? ほぼ400年前に目をみはるような活躍をしたひとりの女性がいた。英国の国民的英雄サー・フィリップ・シドニーの姪で、夫の死後に婚姻外でふたりの子をもうけ、当時の家父長制のイデオロギーに反旗を翻した。女性の存在と本質を主張した豊かな教養のある、果敢な女性だ。その方法はシェイクスピアを書き換えて、女性のもつ美点を明らかにすることであった。英国初の女性作家のドラマをご覧下さい。
    品切れ中
    3,520円(税込)
件数:62

最近チェックした商品履歴を残さない