商品コード:9784861013881

フンコロガシといしころ ころころころころうみへいく

フンコロガシといしころ、どうやって海へ行く!?
1,870円(税込)
1,700円(税抜)
著者名
クレール・シュヴァルツ/作 ふしみみさを/訳
出版社名
クレヨンハウス
外寸
280×200mm
ページ数
32
発売日
2021/04/20

いしころのジャリーは、海の話を聞いてうっとり。
「よし、海へ行こう!」と決めますが、いったい、どうやって?
そこにやってきたのが、フンコロガシのコロン。
ジャリーはフンのかわりに、ころころころがされて海へ……!?
できないことなんてない! 勇気をもらえる、おかしくってたのしいお話。


カートに入れました

お買い物を続ける カートへ進む

ご注文いただけます(取寄せの際に入荷まで7日以上かかる場合もあります)

翻訳家 ふしみ みさをさんよりコメントをいただきました

マルセイユの小さな本屋にあった絵本を見て、思わず固まってしまった。
題名は、『フンコロガシと砂利、海へ行く』。 

ええっ!? 何これ、ちょっと待って! 
見まちがいかと思って、もう一度見たが、やはりまちがいではない。
主人公が砂利? フンコロガシ? 海へ行くって、いったいどうやって!? 
あまりにありえない組み合わせに、その場で一気に読んだ。
あなたもぜひ手に取ってみてほしい。
何から何まで予想外。ツボの連続。
そして読んだ後、めちゃめちゃいい気分になること、うけあいだ。
隅っこまで楽しいので、見返しまでよく見てね!

○クレール・シュヴァルツ
フランス、ブルターニュに生まれる。国立芸術学校を卒業後、グラフィックデザイナー、イラストレーターとして活躍。 2014年から子どものための本づくりをはじめる。2018年、はじめて文章と絵の両方を手がけたこの絵本で、フランスの著作権協会「ADAGP」による新人賞「レヴェラシオン賞」(2018年児童書部門)受賞。

○ふしみ みさを(伏見 操)
大学在学中に1年間フランスに滞在。洋書絵本卸会社、ラジオ番組制作会社勤務を経て翻訳家に。
フランス語、英語を中心とした子どもの本の翻訳で活躍。「リゼッテ」シリーズ、「トトシュ」シリーズ、『ぼくのたからもの』『マリーナ』(以上、クレヨンハウス)、『うんちっち』(あすなろ書房)、『瓶に入れた手紙』(文研出版)など200冊以上の訳書がある。

この商品のレビュー

最近チェックした商品履歴を残さない