どうぶつの絵本

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:1208
  • 誰だって、うんちをします。

    ずらりと並んで、動物たちがみんな、うんち。
    あなたは今朝、いいうんちが出ましたか?
    まだなら、トイレにどうぞ。頑張るのだぞ! (K.O)


    |1977年「かがくのとも」版刊行|1981年初版刊行|

    「いきものは たべるから みんな うんちをするんだね」
    とっても大事な真実を、とってもやさしいことばで、リズミカルに伝えてくれます。「もいっかい!」何度もくり返し読んで、暗記してしまう子どもたちも多いのだとか。

    子どもたちは、うんちが大好き!
    うんちやおしっこの話に、汚いとか行儀がわるいとか、顔をしかめるおとなもいるようです。でも、子どもたちは、うんちやおしっこが大好き! 絵本を見る目の輝きをみれば、わかりますね。

    世界中で愛されている、うんちの絵本です
    英語を話すひとも、スペインでも、韓国でも、世界中のひとが『みんなうんち』を愛しています(英語、スペイン語、韓国語などに翻訳出版)。みんな、同じいきもの、ですものね。いきものはみんな、うんちをするんだー!

    「おおきいぞうは おおきいうんち ちいさいねずみは ちいさいうんち/さかなも うんち とりも うんち むしも うんち/いろんなどうぶつ いろんなうんち」うんちって、なんでしょう? 五味太郎さんが、シンプルに、ストレートに、ユーモアをまじえながら、うんちを科学。抜群のセンスです!
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ネコを追いかけ、塀の上、よそのうち!?

    あなたがいつも通る道にも、きっと

    ネコが通り抜けていった、生け垣の穴。
    「ひみつの いりぐちかも」。
    ネコのあとを、3匹のイヌたちがついて行くと……。
    いつも通る道が、新鮮に映って、わくわく。
    絵にめいっぱいかくされた遊び心を見逃さないよう、
    行ったり来たり、何度でもページを繰りたくなる。
    (子どもの本売り場スタッフY.I)

    毎日一緒にあそんでいる、3びきのイヌたち。ある日、ネコが生垣をくぐるのを見かけて、さっそく追いかけることに。柵の上、塀の上、屋根の上、そして、よそのうち(!)まで、追いかけた先にあったのは……。住人たちの暮らしをこっそり見ながら歩く「ネコのみち」は、絵探しのようでも。うちむらさんの前作『うみまだかな』(クレヨンハウス)で登場した住人を探すのもたのしいですよ。

    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ぶたのなる木!?

    今日こそ食べたい、ぶたの丸焼き。
    走るのがおそいオオカミの挑戦はつづく……
    (子どもの本売り場スタッフT.K)

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • みんなでうたえば、こわくない!

    「おばけなんて ないさ  おばけなんて うそさ」
    おばけはこわい? おばけはきらい?
    この歌を口ずさめば、おばけもともだち、へっちゃらさ!
    (子どもの本売り場スタッフY.N)



    だれもが一度は聴いたことがあるあの歌が、せなけいこさんの絵で絵本になりました! 歌にのせてページをめくれば、ゆかいなおばけたちと友だちになれることまちがいありません。きっとおとなたちのなかにも、この歌が大好きだった方も多いでしょう。親子でたのしめる絵本です。
    品切れ中
    968円(税込)
  • おとぼけ、ちゃっかり、こわいものなしの11ぴきです

    おとぼけ、ちゃっかり、こわいものなし、好奇心旺盛で自由奔放……、11ぴきに出会ったら、なんだか元気がわいてくる。 人生(猫生?)でいちばん大事なのは、ユーモアと笑い、ですね。

    11ぴきののらねこたちは、いつもおなかがぺっこぺこ。おなかいっぱい食べたいと、怪物みたいに大きな魚が出るという湖にやってきました。いかだをつくり、奇策(!)で怪魚を釣り上げます。漫画家でもある馬場のぼるさんは、とぼけた主人公をつくる名人。「11ぴき」に再会したかったら、シリーズ5冊を。

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 大小2種類のカードに30種類の動物の親子が勢揃い

    シリーズ初!親子というテーマにあわせ、大・小2種類のカードが使われています。

    「おやこ」はゾウの親子、イノシシとウリ坊、カエルとオタマジャクシなど、30種類の親子が勢揃い! 大きいカードには大人の象、ちいさいカードには子どもの象。それぞれのカードにいろいろな動物の親子たちが描かれたリングカード。大カードは24枚、小カードは26枚入り。裏面には動物名のひらがな表記と、動物豆知識も。
    曲線にカットした厚紙でできているので、めくることをあそびとしてたのしむ頃から、文字や動物に興味がでる頃まで、長く使えます。
    豆知識は大人もまた楽しい。

    2,200円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • みんなそれぞれ、ちがって当然!
    全国の動物園のどうぶつたちの顔、かお、カオ。種類ごとにずらりと並べたら……。
    わたしたち人間の顔も千差万別のように、同じゾウでも、こんなに個性豊か。
    そんな当たり前のことに、気づいていなかったかも。
    ほら、あなたの近くのだれかさんに似ていない?

    ゴリラ、キリン、ラクダ、カバ……24種の哺乳類をそれぞれ21匹ずつ、日本中の動物園を巡って撮った写真絵本です。
    1,650円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 動物園へ、Let's Go!

    パンダ、ライオン、カバ、カピバラ……。
    動物園の人気者たちの一日を、迫力の大きな写真、コマ割の連続写真などで紹介。
    表情ゆたかな動物たちの写真は、ながめてるだけで、動物園にでかけた気分になれます!
    もちろん絵本を見てから動物園に行くと、動物たちをながめるのが何倍もたのしくなりますよ。
    シリーズ『こどもどうぶつえんのみんなの1日』もおすすめです。

    1,760円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 日本の恐竜せいぞろい
    超大型恐竜から獰猛な肉食恐竜まで。日本各地で次つぎと発見された恐竜の化石や最新の資料などをもとに、恐竜時代の日本を詳細に再現した、おもしろ絵本図鑑です。
    そうか、日本にもこんなにいたんだね。はじめまして、や、おひさしぶりの恐竜が登場します。
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 思わずパンダの数をかぞえてしまう

    動物写真家の岩合光昭さん撮影による写真絵本。
    ページをめくると、かわいいパンダが1頭、2頭と登場。
    思わずパンダの数をかぞえはじめてしまいます。シンプルなつくりが数との出会いにピッタリ。

    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 読み継ぎたい、ほんとうにあったはなし

    戦争中、上野動物園で三頭のゾウが殺されました。
    ワンリー、トンキー、ジョン。飢えた象が必死に芸をして餌を求める姿に涙するひとはいる。が、21世紀のいまも、ニュースに一瞬写る紛争地帯の飢えた子どもの姿には?  戦争のときにあった、ほんとうのはなしであり、他の動物園でもあったという話を聞く。戦争にかり出された馬や犬の話しもまた。そして、これらは、「遠い昔の不幸な話」ではないのだと痛恨させられる。
    平和への願いをこめて、読み継ぎたい名作。


    おとなにもおすすめ! 2019/8/11放送|NHKラジオ「落合恵子の絵本の時間」で紹介されました。
    >これまで「落合恵子の絵本の時間」で紹介した絵本リストはこちら

    1,210円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ずかんデビューは、この本からいかがですか?
    うちゅうにたった1つしかないちきゅう。そこにはどんなどうぶつたちが生きているのかな?
    ちいさなお子さんからたのしめます! はじめて出会う「ほんもののずかん」。

    「どうぶつ1」は基本の動物からちょっと珍しい動物たちまでを紹介。 あたたかみのあるイラストで、動物の特徴をしっかりとらえつつ、ページいっぱいに描かれています。

    物の名前の横に動物の説明も入っているので、子どもからおとなまで、みんなで楽しめます。
    1,045円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 捨てられた犬の孤独

    疾走する車の窓から捨てられたのは一匹の犬。
    飼い主を探して、野山を町をさまよう犬。
    文字のないモノクロームの絵が、心に迫るバンサンの
    デビュー作。最後に彼女は、
    安堵のため息を準備してくれてるけれど。 (K.O)




    疾走する車の窓から捨てられたのは一匹の犬。
    飼い主を探して、野山を町をさまよう犬。
    文字のないモノクロームの絵が、心に迫るバンサンのデビュー作。
    最後に彼女は、安堵のため息を準備してくれてるけれど。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • つながりつづけてゆく

    46億年前に地球が生まれたときから、わたしたちが暮らす現代までつづくいのちの鎖。舞台の一幕一幕のように各時代が紹介されていて、まるでタイムマシンでその時代をのぞいているような、悠久の時を感じられる一冊です。 (子どもの本売り場 T.K)

    品切れ中
    1,870円(税込)
  • 長く愛されるグリム童話

    有名なグリム昔話絵本の名作です。 作者は巧みな構図と達者な描写、深みのある色で質の高い感動的な絵本に仕上げました。 ドイツ児童書優秀賞受賞作品。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ウンチは地球をめぐっている!

    人間やコンパニオンアニマルたちのウンチは、トイレに流したり、ゴミ袋に入れて捨てたりしますが、世界中にいる野生の動物や昆虫たちのウンチはどこに行くのでしょうか?
    一方では絶滅危惧種という大問題をかかえた動物もいますが、それでも「ウンチ」の量はハンパではありません。
    どうぶつたちの排せつには、地球上のいきものたちが作り出す豊かで、かけがえのない自然のサイクルがあります。
    はたして、私たち人間は、その豊かな輪の中にいるのでしょうか?
    みんなで考えたいテーマです。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 五味太郎さんのイノシシ年のひとの絵本。ペーパークラフトつき

    ウワサ以上に、はやいはやい! すごいスピードでも、イノくん、猪突猛進。 誰かに似ているね、そんなところが。

    付録・ペーパークラフト「たかたかイノくん」本間純/作

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • モンゴルの楽器、馬頭琴の美しくも悲しい物語

    半世紀以上にわたり読み継がれ、親しまれているモンゴルの民話絵本。 ひとと馬とのせつなくて美しいストーリーは、時代や国境を越えて愛され続けます。 お金にも殿さまの脅しにも屈せず、白い馬を守ろうとしたスーホ。命がけでスーホのもとに逃げ帰り、楽器となってスーホに寄り添う白い馬。ふたりの無垢な友情に、こころ打たれます。
    雄大モンゴルなの草原、空にかかる二重の虹、風のにおい、疾走する馬、そして、スーホの悲しみや馬頭琴の音色までも、圧倒的な美しさで赤羽末吉さんが描ききります。

    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • もっとも幸せな日のおはなし

    降り積もる雪の中。森の動物たちは
    みな眠っている。おや? ネズミもクマも
    カタツムリも、みんなくんくん。目を覚まして
    どっかを目指して走っていく。辿りついた先には……。
    (K.O)

    1,210円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • みんな知ってる昔話の原型です

    「三びきのこぶた」話はいろいろな絵本になっています。 が、この本は、子どもに媚びることなく、 イギリスの昔話を忠実に絵本化したものです。
    ラストシーンにいたる必然性も、なっとく! の真実味があります。

    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • クマのいのちを通して子どもたちへ贈るメッセージ

    ぐいぐいと草をかきわけて進むクマ。風のわたる草原で遊ぶ親子のクマ。どんどん川をのぼってくるサケをつかまえるクマ。
    今この瞬間も、遥かな北の大地で、クマがいのちのいとなみを続けています。アラスカを歩き、クマを見つめ、クマに見つめられてきた星野道夫氏が子どもたちに贈るメッセージ。
    96年に亡くなった星野氏の『アラスカたんけん記』『森へ』(共にたくさんのふしぎ傑作集)に続く最後の写真絵本です。

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 動物たちの至福の時間

    ねる、おきる、たべる。動物たちはそれぞれ食べるものが異なり、寝ている間の成長もちがいます。
    でも、おいしそうにごはんを食べることと、すこやかな顔で眠りにつく表情はみんな幸せそう。
    そんな動物たちの「同じ」と「ちがい」をたのしめる写真絵本。
    カバからハイエナまで、岩合さんの写真を通すと、動物たちがより愛らしく映ります。

    1,210円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 新しい年を迎えるために

    師走、年の神様は、十二の動物たちを選び、お節料理を作るための係を決めました。
    ねずみには、家の片付けと正月飾りを頼み、牛には材料を集めて運んでもらい……。
    雪がしんしんと降り積もる大晦日、十二支たちのお節料理の準備もやっと終わります。
    一年がはじまる、清々しい元旦の景色が、川端誠さんの版画で見事に描かれています。
    十二支たちと新たな気持ちで、新年を迎えられそう!

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました


  • 子どもがはじめて出会う「ほんもののずかん」。
    あたたかみのあるイラストで、動物の特徴をしっかりとらえつつ、ページいっぱいに描かれています。
    「どうぶつ2」は海に住む動物から鳥、虫を中心に、約170種もの動物を紹介。
    クジラやペンギン、色とりどりの鳥たちが並ぶページは圧巻!
    ことばをおぼえるのが楽しい子にも、動物に興味を持ちはじめた子にもぴったり。
    このずかんを見て周りにいる虫や鳥を見たり、水族館に行くのが楽しくなりますよ。
    1,045円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

件数:1208

最近チェックした商品履歴を残さない