からだの絵本(目・鼻・口)

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:88
  • 誰だって、うんちをします。

    ずらりと並んで、動物たちがみんな、うんち。
    あなたは今朝、いいうんちが出ましたか?
    まだなら、トイレにどうぞ。頑張るのだぞ! (K.O)


    |1977年「かがくのとも」版刊行|1981年初版刊行|

    「いきものは たべるから みんな うんちをするんだね」
    とっても大事な真実を、とってもやさしいことばで、リズミカルに伝えてくれます。「もいっかい!」何度もくり返し読んで、暗記してしまう子どもたちも多いのだとか。

    子どもたちは、うんちが大好き!
    うんちやおしっこの話に、汚いとか行儀がわるいとか、顔をしかめるおとなもいるようです。でも、子どもたちは、うんちやおしっこが大好き! 絵本を見る目の輝きをみれば、わかりますね。

    世界中で愛されている、うんちの絵本です
    英語を話すひとも、スペインでも、韓国でも、世界中のひとが『みんなうんち』を愛しています(英語、スペイン語、韓国語などに翻訳出版)。みんな、同じいきもの、ですものね。いきものはみんな、うんちをするんだー!

    「おおきいぞうは おおきいうんち ちいさいねずみは ちいさいうんち/さかなも うんち とりも うんち むしも うんち/いろんなどうぶつ いろんなうんち」うんちって、なんでしょう? 五味太郎さんが、シンプルに、ストレートに、ユーモアをまじえながら、うんちを科学。抜群のセンスです!
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 食べることの大切さを子どもたちに伝えます。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ムシ歯のこわさを、おもしろく説く

    「わがはいの なは むしばミュータンス。
    きものや ふくを しまっておく タンスなんかとは ちがう。」
    むしばミュータンスが、 虫歯になる仕組みや、虫歯になるとどうして困るのかをユーモアを交えながら、わかりやすく教えてくれる。
    からだのしくみの基本をわかりやすく描いた 全10巻のロングセラー科学絵本シリーズ。
    そのなかでもとりわけ人気のある一冊です。虫歯のこわさをおもしろく、興味深く説いてくれます。

    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • どこまでも伸びていく左足!

    くいしいんぼうのポコおじさんが、ある日ふしぎなソラマメを食べると、どうした、どうした! 左の足がにょきにょき伸び出したではありませんか!
    長く、そして大きくなっていく足は窓を突き破り、森を抜け、川を渡って町の中へ。
    いつの間にか車ほどの大きさになったおじさんの左足は、町中を縦横無尽に、どこまでも伸びていきます。
    町の人たちは大弱り、どうにかして伸びる足を止めようとしますが……。
    自分の足がこんな大変なことになっているのに、それほどあわててないポコおじさんの、とぼけた味わいにも注目です。

    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • プー。ブー。ブープー。おならはどうしてでるのだろうか?
    だれでもおならをします。人間ばかりでなく、動物も。
    ぞうのおならはとても大きい! そして肉食動物のおならは臭く、草食動物のおならはそんなに臭くない。
    おならはどうしてでるのだろうか? おならの秘密をユーモラスな絵とともに解き明かします。
    おならは恥ずかしがらずに、どんどんだしましょう!
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • わたしは「わたし」、でもおにいちゃんから見たら「いもうと」、おばあちゃん、犬から見たら?
    わたしは山口みち子、5才。お兄ちゃんからみると“妹”でも、犬からみると、人間。 わたしはひとりなのに呼び名はいっぱい。社会の中の関係性をたのしく描きます。 でも、やっぱり大事なことは、わたしはわたしだってことかなあ。
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ためになる!? おしりの絵本
    「おしりのことをもっとシリたい!」と、なかよし三人組が結成したのは「おしりおしり隊」。
    おとなが「おしりに火がついた」って言ってたけど、火なんか全然ついてない。どういうこと?
    おしりはどうして、ぷりっとふくらんでるの? おしりってさ、一体どこからどこまでなの?
    子どもたちが興味津々、ひかれる「おしり」の話がいろいろ。ちょっとためにもなり、おしりの偉大さも大発見!
    ユーモアとあそびごころあふれる「おしりの絵本」です。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 生きものはみんな、息をしている!
    生きものはみんな息をしている。だから「いきもの」っていうのかな? 動物、虫、魚……それに植物も呼吸している。  「ぼく」はお風呂に潜るとすぐ苦しくなるけど、おかあさんのおなかのなかにいたときはどうして水のなかでも平気なのかな? 
    普段なにげなくしている呼吸から、地球環境へと視野がひろがる絵本。コラージュを使った絵も面白く、ページのすみずみまでたのしめます。
    1,540円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 血のしくみがとてもよくわかります
    血の性質、赤血球、白血球、動脈、静脈のこと、血と食物、運動との関係などをやさしく説く。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 人間と他の生物とのちがいを説く
    ニワトリにはないのに、なぜ人間にはおへそがあるのか? いのちのつながりをわかりやすく、楽しく知ることができます。おへそってすっごく大事なものなんだ。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 正しい姿勢がいかに大事でしょう
    骨は何なのか、何のためにあるのか、そして姿勢に気を付けることや頭を守ることなどが 子供の目線でわかりやすく説明されていています。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • トイレにいくのが、たのしみになります
    うんぴ? うんにょ? うんち? うんご?  トイレにいくのが、たのしみになります。
    うんこは、生きていくうえで自然で大切なこと。 だから、うんこを考えてみよう。
    楽しいアイデアいっぱいで、気持ちよくトイレにいけるようになる絵本。
    4種類のうんこポスター付き!
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 長野ヒデ子さんと、娘の麻子さんの共作です。
    普段あまり意識することなくやっている呼吸。 「すうー」、「はー」。あれ、声がでた! いろんな気持ちが出せるよ。本をよみながら、一緒にやってみよう!
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 目の大切さを説く。
    目のしくみは、どうなっているのか? 近視や老眼にはなぜなるのか? 目の大切さを説く絵本。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • おとなの歯の大切さをわかりやすく
    かこさとし むしばのほんシリーズ! 6歳臼歯が生えるころの子どもに、永久歯の大切さをわかりやすく紹介します。
    1,320円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • からだをしろう
    かさぶたって、傷のバンソウコウなんだ。まるで、しぜんのバンソウコウみたい。ほら、かさぶたのしたでは、新しい皮膚がどんどんつくられていますよ。 身近なかさぶたをユーモラスにときあかしながら、身体の不思議に迫ります。
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • おへその役目とすばらしさを愉快に温かく伝えます
    「おへそ」ってなんだろう? おなかのかざりかな? どうしてみんなにひとつずつあるの? 考えるほど、おへその不思議は深まるばかり……。じつは、おへそにはすてきな秘密がありました。何の役にもたたないように思えるおへそが、子どもたちがお母さんのお腹のなかにいたときは、母子をつなぐ大切な命綱だったのです。おへその役目と、母から子へ受け継がれる生命のすばらしさを愉快に温かく伝えます。
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ねむらないとどうなるの?
    <出版社の内容紹介>
    今、日本の社会は24時間化し、大人たちの生活時間に影響されて、子どもたちの「ねむり」がおびやかされているようです。なぜ「ねむり」が必要なの?寝ないとどうなってしまうの?「ねむり」について大事なことを伝えます。アメリカで長年の評価を得ているシリーズから、知ることや考えることの魅力あふれる作品を選んだ『みつけようかがく』のシリーズの第一作目です。
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ついに点字つきのさわって楽しめる絵本になりました!
    従来の絵本のカラー印刷の上に、点字とともに、絵柄も透明な樹脂インクを盛り上げて印刷。
    大きなたまごも、ふわふわのカステラも、指でさわってたしかめられます。
    指先で見るひとも、一緒にたのしめる「ぐりとぐら」ができました。 楽しんでください。
    4,070円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • じょうぶな歯をつくるには
    なにげなくあたりまえに毎日使っている歯。歯がないと健康じゃなくなるってどういうこと?じょうぶな歯を保つには、どうしたらいいの?
    歯の大切な役割や、どうしてむし歯ができるのかをわかりやすく説明してくれます。いつまでもじょうぶな歯を保つために必要なこと、親子で話し合うきっかけに!
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • ヒデ子さんのうたあそびえほんシリーズ第1作
    1,430円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 泳ぐのはこわくない!
    ページを開くと、動物たちがみんなで犬かき。なぜ泳げるかって?
    それは「からだが水に浮くから」だって、おしえてくれる。きっと浮くから大丈夫!
    そう感じることが「泳ぐ」ことの入口。
    はじめは水に顔をつけるのがこわかった男の子も、あそんでいるうちに、バタ足できた!
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • からだをしろう
    ころんでひざをすりむくと、血がでます。さわってみると、ねばねばします。すこしほうっておくと、血はとまり、かわきます。ケガをすると血がでるのは、どうしてでしょう? 血の働き、生命について、考える絵本。
    990円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • やさしく手当てされたいんだもん!

    のこぎりやトンカチで、何やらつくっている「やんちゃっ子」たち。あっ、大変! うさぎさんがうっかり、とりさんのくちばしをトンカチでコツン! みんなにやさしく手当されるとりさん。一方、みんなに責められ、さみしくなったうさぎさん。さて、その後うさぎさんはどうしたでしょう?
    スウェーデンからやってきた「やんちゃっ子」シリーズ。いっつも「いい子」なんていないよね!「あの子」が見つかるお話です。

    1,100円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

件数:88

最近チェックした商品履歴を残さない