このページ内で絞り込む
絞り込み
価格で絞り込み
配送手段で絞り込み
発売日で絞り込み

女性の人権の本

並べ替え:
おすすめ順
新着順
価格(安い順)
価格(高い順)
表示サイズ:
2列(カートボタンあり)
4列(カートボタンあり)
1列(カートボタンあり)
件数:23
  • 離婚,親権,DV,賃金差別,性暴力,セクハラ…様々なケースを通して性を巡る法の問題点を提示
    離婚、親権、賃金差別、DV、性暴力、セクハラ、売買春・・・・・・。法律は女性にはとてもきびしかったのですが、女性たちは闘いながら社会を少しずつ変え、時には新たな法制度をつくってきました。弁護士である著者が40年近く様々なケースにかかわってくるなかで出会った当事者たちの軌跡は、〈未来への希望を生みだすもの〉。社会は、法は変えられる――そのような気持ちが伝わってくるこの本を、今こそ、手に取っていただきたいです。(岩波書店 坂本純子)
    品切れ中
    902円(税込)
  • 澤地久枝さんのデビュー作であり代表作
    880円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました


  • 日本ではいまも、妊娠・出産で退職する女性が7割もいます。働きながら子どもを産み育てる環境がいまだに整備されていない日本で、妊娠という身体的制約を抱え、〈マタニティ・ハラスメント〉ともいえる数々の行為を受けながらも、働き続ける女性たち。その実態をジェンダーの視点から初めて明らかにし、さらに、労働と身体のあり方を問い直す。16年間勤務した会社を辞めて「働く女性の問題」に取り組んできた杉浦浩美さん渾身の著作。(大月書店 松井玉緒)
    品切れ中
    2,860円(税込)

  • 「お前が奴隷にならなければ、俺は王様になれないんやぞ!」。実際にこんなことばを夫から言われ、モラル・ハラスメント(精神的な嫌がらせ)を受け続けた著者。離婚までの闘い、モラハラ後遺症の克服、自分を愛するこころを掴むまでを、まっち~さんが赤裸々につづったブログを書籍化しました。まっち~さんの悲しみ、苦しみ、慟哭、そして「あなたはあなたのままでいい」という温かいメッセージが痛いほどに伝わってきます。(河出書房新社 佐藤麻美)
    品切れ中
    1,430円(税込)
  • 真実を語ることを何より大切にするアメリカ合衆国副大統領、カマラ・ハリス。その強い思いのルーツは彼女の生い立ちにある。

    父はジャマイカ出身の経済学者、母はインド出身のがん研究者という移民2 世。両親が離婚し母の手ひとつで育てられる。検事を目指すも最初の司法試験に失敗するなど、決して順風満帆な人生を送ってきたわけではない彼女はいかにして、州司法長官、上院議員、副大統領と数々の「ガラスの天井」を打ち破ってこられたのか? 世界が注目するニューリーダーの素顔と実績を知ることができる初の自伝。(光文社 三宅貴久さん)

    2,200円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました

  • 理不尽な人種差別に戦った勇気ある女性のノンフィクション
    品切れ中
    1,870円(税込)
  • 大事なのは、殺されないこと!なぜ私は生きられたのか?実体験にもとづく鮮烈なメッセージ。
    2000年にストーカー規制法が施行されましたが、事件はむしろ増えており、殺される女性が後を絶ちません。こうした情況下、著者は自身の体験をもとに、ためらいを払いのけ、「大事なことは、殺されない」ことであると、切々と説きます。死の淵へと追いやられつつある若い女性たちをなんとか救いたい! ただその一心で書かれた、渾身の一著です。(筑摩書房 山野浩一)
    品切れ中
    1,650円(税込)
  • それぞれの来歴から被害/加害をめぐる理解の仕方まで、とことん具体的に語りあった対談集。
    1,980円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました


  • 女性が仕事と育児を両立させたくても、数少ない女性管理職は子がいない人ばかり。「女性はどうせ辞めるから」とやりがいのある仕事を任されないことも。絶望して転職したり出産を機に退職すると、「やっぱり女性は辞めるんだ」と言われる。こうした悪循環の根源を解明し、処方箋を示すのが本書です。エピローグでは、桐野夏生さんへの『OUT』『だから荒野』などの作品のインタビューを通して、女性を巡る社会構造を掘り下げます。(東洋経済新報社 矢作知子)
    品切れ中
    2,200円(税込)

  • 前著『DV・虐待 加害者の実体を知る』で、DV加害者男性の手口や内面を白日のもとにさらした著者ランディ・バンクロフト。本書は、彼の豊富なカウンセリング経験をもとに、DVのグレーゾーンにあって、パートナーの破壊的行動に悩み、自らの態度を決めかねている女性のために書かれました。今、直面している現実の本質を見きわめ、どのような選択をすべきか、具体的にアドバイスをしています。 (明石書店 小林洋幸)
    品切れ中
    3,080円(税込)

  • 1934年ロサンゼルスで起きた夫殺害事件で妻に下された判決は死刑。彼女はなぜ生きのびることができたのか? 法廷でDV被害を隠し続けた背景とは?  死刑・DV・女の生き方などの問題を全米に投げかけたこの事件の「加害者」であり「被害者」でもある彼女の潔さは、時代を超えて現代人の孤独な苦悩に活路を示す。  司法・政治・男たちの権力争いに翻弄されながらも、生命と自由を勝ち取るために闘った女の怒濤の生涯を綴った衝撃の実話。 (現代書館 下河辺明子)
    品切れ中
    2,420円(税込)

  • 「女の子だから」たったそれだけの理由で、人生のあらゆることを制限され、強制させられる女の子が、世界には2億人いるといわれています。特に、10代の女の子が自分の年齢よりも何倍も年上の、顔も名前も知らない人と結婚させられる「早すぎる結婚」の問題は、緊急の課題です。女の子が、なぜ過酷な状況に追い込まれるのか、解決するためにはどうすればいいのか。世界の女の子の問題がよくわかる入門書になっています。 (合同出版 上村ふき)
    品切れ中
    1,540円(税込)

  • ナチス・ドイツの時代、ヨーロッパ在住の少数者「ロマやスィンティ」(ジプシーは他称で侮蔑的呼称)が強制連行されて、その多くが虐殺されたことはあまり知られていない。 本書は、「ケルンデルバッハ家」の一員として痛苦の歴史を必死に生きた三女性(母、娘、孫)が人権回復をめざしてたたかった歩みと百年にわたる日常の暮らしを証言した記録(上巻)。 下巻は、その歴史的背景を解説した研究書(下巻・『「スィンティ女性三代記(上)」を読み解く』金子マーティン/著3,675円(税込))。 (凱風社 新田準)
    品切れ中
    2,750円(税込)

  • 上巻『スィンティ女性三代記(上) 私たちはこの世に存在すべきではなかった』の、その歴史的背景を解説した研究書。
    品切れ中
    3,850円(税込)
  • 沖縄の女性たちが暴力を受け、そこから逃げて、自分の居場所をつくりあげていくまでの記録。
    1,870円(税込)
    カートに入れる

    カートに入れました


  • 議会も内閣も男女機会均等社会からほど遠いこの国の現状に危うさを感じている人には、必ず読んでほしい。本書は、20年前の本の復刻新版だが、スウェーデンからは学ぶべき事だらけ。「この国は、20年間何をしていたのだろう?」というやるせなさから刊行を決心した。スウェーデンは、この20年で女性国会議員の割合を3人にひとりから2人にひとりにしたという。本書を通じて、男女機会均等社会の実現の必要性を痛感してもらえればと思う。 (彩流社 高梨治)
    品切れ中
    2,090円(税込)

  • 会社や大学に設置されているセクハラ相談員。著者の周藤さんはセクハラ研修講師や性暴力被害の支援をするなかで、相談員が十分に対応しきれていない状況を知り、被害者の命綱とも言える相談員が自信をもって対応できるよう、本書を書き上げた。肩を叩く、おばさんという呼称、服装をほめるなどの判断に迷うケースの解説、キーワードやコラムといったミニ情報も豊富なので、飽きずに基本を学ぶことができる。セクハラ研修テキストにも最適。 (新水社 鷹野原美奈)
    品切れ中
    1,100円(税込)

  • DVは女性の健康にどのような影響をもたらしているか。それを明らかにするため、WHOで検討された国際的な共通設問によって、WHO調査マニュアルに従い、女性の安全に配慮して無作為抽出・訪問面接調査を実施。暴力を受けていない女性と受けた女性の健康状態の比較や、心理的暴力によっても健康の悪化を招くことを統計分析によって明らかにした、ほかに類をみない実証的な調査研究である。日本の反DVや調査研究の経過、政策提言も収録。   (日本プロジェクト・チーム ゆのまえ知子)
    品切れ中
    1,980円(税込)

  • 「罪を罪とせず悪も見ぬ振りして姑息なる平和で通そうということは、益々大なる罪悪を生ぜしめさらに黴かびを生ずる」。NHK朝の連ドラ主人公のモデル・広岡浅子のことばです。おそらくドラマでは描かれないであろう彼女のこころの変化について書かれた本書。女性が表舞台に立つことが稀な時代の大実業家、日本初となる女子高等教育機関の設立に関わり、親にも夫にも甘えたことのなかった彼女が唯一心の底から甘えることが出来た相手とは……。(いのちのことば社 宮田真実子)
    品切れ中
    1,320円(税込)

  • 弊社では先にクララのピアノ作品の楽譜全集(全2巻)を刊行した。19世紀の偉大なヴィルトゥオーゾは、ショパンやリストのように演奏会で自作を披露し、喝采を浴びた。作曲家としてのクララを知るには、作品そのもの(=楽譜)を理解することが一番だが、最新研究による評伝(定評あるドイツのロロロ伝記叢書)で、創作の背後にみる試行錯誤のありようを辿ることによって、いっそう"真実なる女性"の実像が浮かび上がってくる。 (春秋社 高梨公明)
    品切れ中
    3,080円(税込)

  • 足尾銅山鉱毒被害民に寄り添い戦い続けた田中正造、それを支えた妻のカツを主人公にした長編小説です。正造について女性の筆になるものはあまりなく、女性の視点で捉えた正造が新鮮です。気に入らないとお膳をひっくりかえしたり、妻の言うことなどひとつも聞かない亭主関白ぶりを大胆に描いています。残念ながら著者は編集途中で急逝されましたが、私たちに「本音」の正造像・カツ像を遺してくれました。(随想舎 石川栄介)
    品切れ中
    1,980円(税込)

  • 著者は知性でもって多大な影響を与えてきた米のバンド、ソニック・ユースの元中心メンバー。米本国の有力紙で大絶賛、有名書店で軒並み完売という評判の一冊です。互いにキャリアを築きあげ、憧れのカップルとみなされていたバンドメンバーの夫と30年連れ添って離婚。この哀しみが本書のいたるところから滲みでています。精神的障がいをもつ兄など、華やかさの裏にある陰を特にみごとに描いた60余年の一代記。苦難の中でも意志を貫き、夢を追求する全女性に捧げます。 (DU BOOKS 筒井奈々)
    品切れ中
    2,750円(税込)

  • 1920〜30年代に「籠の鳥」と呼ばれた、娼妓たちによるストライキの実像に肉薄した一冊です。差別的な視線にさらされながら、自分たちの生と性を奪還しようと立ち上がった無名の女性たち。そこからは「搾取」や「活用」という言葉では済ませられない生き方が浮かびあがってくるし、従軍慰安婦問題やセックスワークを考えるうえでも示唆的です。百年前の女性たちの格闘を、ぜひ本書で追体験してみてください。装丁も美麗です。 (共和国 下平尾直)
    品切れ中
    2,640円(税込)
件数:23

最近チェックした商品履歴を残さない