わが子からはじまる クレヨンハウス・ブックレット13 『原発の是非を問うことと、わたしたちがやるべきこと』
商品コード :9784861012631
価格 540円(税込)
著者名 堀潤
出版社名 クレヨンハウス
外寸 サイズ 210×148×6 mm
ページ数 80
シリーズ名 わが子からはじまるクレヨンハウス・ブックレット013
在庫 ご注文いただけます
送料区分 メール便 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
原発事故を経ても、利害関係から「空気を読む」ことをやめない日本の放送メディア。ジャーナリズムとは何かを、日本で唯一の公共放送NHKを退職した堀潤さんが伝えます。
○堀 潤/著
ジャーナリスト。NPO法人「8bitNews」主宰。元NHKアナウンサー。

関連商品

知ること、その重要性

レビュースコア:5点  投稿者:読者カードより
福島第一原発の事故の際、メディアが情報を隠していることは明らかで、自身で必死にウェブ等で情報を収集しましたが、情報の多さに翻弄されました。真実を報道しないマスメディアには失望していましたが、本書を読んで、真実を伝えてくれようとしている人もいるのだとわかり、ひとすじの光が見えた気がします。そしてそのマスメディアのあり方を変えるのは視聴者のわたしたちだということも。本書に感謝しています。(大阪府 ぐっち様)
この商品に対するあなたのレビューを投稿することができます。