わが子からはじまる クレヨンハウス・ブックレット4 『小児科医が診た放射能と子どもたち』
商品コード :9784861012037
福島原発事故で、子どもたちがどんな環境におかれているのか。現地の家族の苦しさを伝えます。
価格 540円(税込)
著者名 山田真/著
出版社名 クレヨンハウス
外寸 サイズ 223×160×7 mm
シリーズ名 わが子からはじまる クレヨンハウス・ブックレット
発売日 2011年11月24日
在庫 ご注文いただけます
送料区分 メール便 送料について お届けについて
  • Myリストに入れる
  • この商品について問い合わせる
福島で子どもの健康相談を行っている著者が、現地で感じたことをまとめた一冊。福島の人たちが抱える問題や、日本医学会の放射線の扱い、低線量被ばくの影響など、長年小児科医として関わってきた経験を基にわかりやすく解説しています。

実際に福島で健康相談に乗っている医師ならではの視点で、福島の「いま」が語られています。不安を抱えて精一杯生きるひとびとに温かく寄り添った著者のまなざし。 不安や悩みを共有し、ともに考え、生きていくために、わたしたちに何ができるのか、考えるきっかけを得られるはずです。
【目次】
はじめに
第1章  福島で健康診断をして見えてきたこと
第2章  放射能への不安を口にできない雰囲気の広がり
第3章  低線量被ばく、内部被ばくの専門家はいない
第4章  これから、わたしたちにできること
第5章  Q&A 質疑応答

関連商品

わが子からはじまる クレヨンハウス・ブックレット1 『原子力と原発きほんのき』
福島原発事故の影響って?そもそも原発はどうして建てられたの?原発の仕組みを解説。
価格 540円(税込)
わが子からはじまる クレヨンハウス・ブックレット2『食べものと放射能のはなし』
放射能汚染は、毎日口にする食品にも。何を避け、どう食べるべきかを知ることができます。
価格 540円(税込)
わが子からはじまる クレヨンハウス・ブックレット3『「原発をつくった」から言えること』
技術者としての悔恨のことばとともに、原発の設計そのものの危うさを暴きます。
価格 540円(税込)
わが子からはじまる クレヨンハウス・ブックレット5 『目を凝らしましょう。見えない放射能に。』
いせひでこさんの絵が気持ちを穏やかにしてくれます。
価格 540円(税込)

まだありません。初めての投稿をしませんか?あなたのレビュー(感想)をおよせください。