3歳さんへ 絵本おすすめリスト

  • 3歳の子どもが絵本を読んでいる
  • 「うそでしょ!」って言わないで 子どもの想像力って、大人のはるか上をいきます。だから、想像上の生きものとか、大人なら「うそでしょ!」と思うことも、真剣に受け止めてたのしめます。絵本のすみずみにあるちいさなストーリーにも、ちゃんと気がつきます。子どもが想像の世界にふっと入り込んだら、シーッ! どうか邪魔しないで!

絵本は年齢を選ばないすぐれたメディア。だから、ここにご紹介した年齢分けは、あくまで目安とお考えください。0歳でも100歳でも、いっしょにたのしめるのが絵本のすばらしいところです。

3歳さんへ絵本おすすめ10冊/クレヨンハウスセレクト

大きなたまごを見つけたふたりは…

  • ぐりとぐら

    ぐりとぐら
    中川李枝子/文
    大村百合子/絵
    福音館書店

  • お客様のコメントより

    ★★★★★時を経て、子どもと読める幸せ

    フライパンからあふれるようにふっくら膨らんでいるカステラが大のお気に入りです。ページに手を伸ばして動物たちと一緒に食べるまねをしています。わたしが子どもの頃もカステラが出てくるところが大好きで、時を経て子どもと一緒に同じ思いで作品に親しむ幸せを感じます。(T・N)

    ★★★★★みんなでたべるとおいしいね

    好きな食べものは「ぜんぶぼくの!」と言って絶対に分けてくれなかったくいしんぼうの息子。ぐりとぐらが動物たちみんなに分けて食べているのをみて、「みんなでたべるとおいしいね」と、少しずつ分けてくれるようになりました。(M・A)

イマジネーションあふれる傑作!

  • かいじゅうたちのいるところ

    かいじゅうたちのいるところ
    モ-リス・センダック/作
    じんぐうてるお/訳
    冨山房

  • お客様のコメントより

    ★★★★★ケラケラ笑ってたのしんでいます

    子どもはとても気に入って、マックスのまねをして命令をしてみたり、かいじゅうおどりをしてみたり、ケラケラ笑ってとてもたのしんでいます。(T・H)

    ★★★★★ 一気にひきつけられたようです

    3歳の息子は、独自なタッチの絵に一気にひきつけられたようです。大喜びで何度も読み返し、すでに文章を丸覚えしてびっくりしています。(O・M)

てんぷらをあげるにおいにさそわれて、おばけは……

  • おばけのてんぷら

    おばけのてんぷら
    せなけいこ/作・絵
    ポプラ社

  • お客様のコメントより

    ★★★★★いいにおいがしそう

    子どもは、すごい早さでおべんとうの天ぷらを食べるふりをしていました。こちらもページをめくるのがたいへん。うさぎの家のえんとつのけむりに「これ、いいにおいがしそうでいいね」としみじみひとこと。(J・I)

    ★★★★★味も想像できるのですね

    最近、料理をつくるお手伝いをしてくれる息子にタイムリーな絵本でした。てんぷらということばも覚えました。おばけが味見している姿に「おいしいんだね!」と教えてくれました。味も想像できるのですね。(S・K)

あなたをまるごと受け入れてくれるひと

  • いいこってどんなこ?

    いいこってどんなこ?
    ジーン・モデシット/文
    ロビン・スポワート/絵
    もきかずこ/訳
    冨山房

  • お客様のコメントより

    ★★★★★ママはぼくのことスキ?

    最初のページからラストまでじーっと黙って聞いていた息子。パタンととじると、「ママはぼくのことスキ?」。「だいすきよ」と言うと、めずらしくスーッと眠ってしまいました。 (Y・K)

    ★★★★★あたたかい気持ちになります

    おかあさんの愛情がひしひしと伝わってきて、読むといつもあたたかい気持ちになります。泣いたり、怒ったり、子どもは日によっていろいろな姿をみせますが、「いつでも見守ってるよ」という子どもへの愛情を、代わりに絵本が語ってくれているようです。 (N・O)

ゆっくり読書をたのしむはずが……

  • バムとケロのにちようび

    バムとケロのにちようび
    島田ゆか/作・絵
    文溪堂

  • お客様のコメントより

    ★★★★★娘にぴったりのお話

    食べることと虫が好きな娘にぴったりのお話でした。実際にドーナッツを作ってみたり、お掃除したり。たまたま外で見つけた蛾をすごく近くまで寄って模様を見ているようでした。もうケロちゃんみたいでした。(A・Y)

    ★★★★★何度読んでも飽きない!

    サッカーや砂遊びができない雨の日に、お部屋を掃除するバムの様子がなんともかわいらしいです。お掃除中にも本選びにもトラブルが発生……。ちょっぴりハラハラドキドキしつつ、部屋の隅々まで細かく描かれているいろんな「仕掛け」を見つけて、息子はワクワクしています。(T・N)

おかあさんにたのまれて、こびとたちがつくったものは……?

  • おたすけこびと

    おたすけこびと
    なかがわちひろ/文
    コヨセ・ジュンジ/絵
    徳間書店

  • お客様のコメントより

    ★★★★★たまらない一冊となりました

    車好き、ケーキ好きの子どもたちにとっては、たまらない一冊となりました。こびと一人ひとりに表情があり、イラストのこだわり、すばらしさに圧倒されます。(K・M)

    ★★★★★プレゼントしてよかった

    はたらく車が大好きな孫にピッタリの本です。本を開いた時の喜ぶ様子を娘から聞き、プレゼントしてよかったと思いました。(Y・H)

お月さまが、教えてくれました

  • パパ、お月さまとって!

    パパ、お月さまとって!
    エリック・カ-ル/さく
    もりひさし/やく
    偕成社

  • お客様のコメントより

    ★★★★★「ほんもののお月さまと一緒だね!」

    娘(3歳)と一緒に読みました。「ご本のお月さまも、ちいさくなったり大きくなったりするんだね、ほんもののお月さまと一緒だね!」と言っていました。身近な自然現象やその変化を自分なりに感じているのを知って、びっくりしました。(K・F)

    ★★★★★パパと会話もはずみました

    さっそくパパに読んでもらいました。買いものの帰り、お月さまを見て「パパお月さまとって!」と言うとパパも「じゃあ、長いはしごをつくって……」とふたりの会話もはずみ、たのしい時間が過ぎていきました。(N・A)

実に、むずかしい質問だなあ

  • ねえ、どれがいい?

    ねえ、どれがいい?
    ジョン・バーニンガム/作
    まつかわまゆみ/訳
    評論社

  • お客様のコメントより

    ★★★★★会話がはずみました

    『ねえ、どれがいい?』は、読みながら「ぼくはこれ! だってね……」と子どもたちと会話がはずみました。(N・T)

    ★★★★★家族でたのしみました

    家族で「こっち!」「こっちのほうがいいよ」と話ができて、子どももおとなもたのしめる本で、大好きになりました。寝る前のひとときがとてもたのしいです。(Y・H)

世界一の贈りもの

  • ゆうびんやさんおねがいね

    ゆうびんやさんおねがいね
    サンドラ・ホーニング/文
    バレリー・ゴルバチョフ/絵
    なかがわちひろ/訳
    徳間書店

  • お客様のコメントより

    ★★★★★すてきなお話でした

    なんてかわいらしい本なんでしょう! すてきなお話でした。わたしも「だーいすき」と娘にギューッとされると、とても幸せな気分になります。(N・A)

    ★★★★★ おばあちゃんに手紙を書きました

    次は誰に「ぎゅっ」が渡るのかたのしみにしながら読みました。何度も読んでほしいとせがまれた一冊です。その後、お手紙を書きたいという気持ちも出てきて、おばあちゃんに書きました。(K・T)

草むらにすむ「じっちょりん」たちの得意なのは……

  • じっちょりんのあるくみち

    じっちょりんのあるくみち
    かとうあじゅ/作
    文溪堂

  • お客様のコメントより

    ★★★★★お散歩がたのしくなりました

    いつも歩く道に絵本と同じ花々が咲いており、娘はなんでもない道を歩くのがたのしくなったようです。(T・H)

    ★★★★★長いお話も聞けるように

    絵本の文章が長くなっていくので、「最後まで聞けるかな?」と思うのですが、夢中で聞いてくれてこちらが驚きました。じっちょりんのまいた種を探しにおでかけしようと思います。(O・R)

3歳さんへ 絵本おすすめをもっとみる

87件あります
87件あります
クレヨンハウスのブッククラブ 0歳

最近チェックした商品履歴を残さない